あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-08

公開情報

『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』トム・マクグラス監督がステイホーム期間での製作秘話&見どころを語り尽くす!



ドリームワークス・アニメーション史上日本歴代No.1に輝くあの『ボス・ベイビー』待望の続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』が12月17日(金)より全国公開となる。ステイホーム期間の制約を乗り越えて作り上げられた本作について、トム・マクグラス監督がその貴重な製作秘話を明かした。

この作品の製作が本格的に進行していた2020年、本作も例に漏れず新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けていた。マクグラス監督は数カ月間に及ぶステイホームでの製作過程を振り返り、「本当に素晴らしいチームだった。このパンデミックの制約で、むしろ彼らとの距離を縮めることができた気がしている。考えてみると、こういう方法で映画を本当に作ることができたっていうのは不思議だね。スタッフのほとんどが自宅のコンピュータで作業したんだ。あらゆる困難にも関わらず、成し遂げることができた。もちろん、何人かはスタジオを訪れて色やディテールを見て、劇場のスクリーンでもすべてがうまくいくと確かめないとならなかったけどね」と、スタッフ一同がこれまでにない未体験の方法で製作を進めざるを得ない状況ながら、時間、才能、エネルギーをこの作品に捧げてくれたことへ心からの感謝を明かしている。

そして、「この映画を観た後に、疎遠になった家族に連絡を取りたくなってくれたらいいな、と思っている。母親、父親、兄弟姉妹、友人に連絡して、亀裂の原因となった愚かな言い争いを忘れられたら素晴らしいじゃないか。特に、本作はクリスマスシーズンが舞台だから、家族の再会とお祝いのメッセージとして響いてくれることを願ってるよ!」と、人々がかつてない困難を乗り越えようとしている今だからこそ、ユーモア満載で目も心も楽しくなれるドタバタコメディである本作が持つパワーと、前向きなメッセージが届くことをマクグラス監督も祈っているそう。



そんな希望が込められた本作は前作から25年後が舞台。少年&赤ちゃんのコンビだったボス・ベイビー(ムロツヨシ)と兄ティム(宮野真守)はすっかり大人になっているが、監督トム・マクグラスは続編の構想時からすぐに”大人になった2人が別々の人生を歩んでいて疎遠だったら?”、”ボス・ベイビーもティムも子供に戻せるスーパーミルクを登場させたら?”といったユニークな案が次々と思い浮かんだという。さらに、監督自身のエピソードも盛り込まれているそうで、ハリウッドに足を踏み入れた自分と映画作りを教えてくれたものの若くして家庭を持った兄という、全く対照的な人生もこの映画に反映されている。

本作の脚本、マイケル・マッカラーズも「兄弟っていうのは、お互い驚くくらい愚かなことをたくさんする。だから衝突と笑いが生まれるんだ。『ボス・ベイビー』シリーズはコメディ要素が多いけれど、根底には兄弟関係における真実を敷いている。だからオモシロおかしくて、おもいっきり笑えて、同時に共感できる感情的な作品に仕上がるんだよ」と、子供から大人まで世代を問わず、自身の経験と重ねて楽しめる魅力を語っている。

更に本作では、大人になったティムと娘たちの物語も丁寧に描かれ、ユニークなキャラクターたちが生み出すコメディ要素もパワーアップしながら、このコロナ禍で改めて世界が実感させられた”愛する人よりも大切なものはない”という普遍的なテーマが込められている。

他にもアニメーション黄金期の傑作をオマージュとして取り入れたり、アカデミー賞®️受賞経験のあるレジェンド、ハンス・ジマーが再び音楽を手掛け、前作から更にパワーアップして誰もが楽しめる作品へと仕上がっている本作。“スーパーミルク”で子供に戻ったボス・ベイビーとティムは、タイムリミットまでに史上最大のミッションをクリアし、世界、そして家族を救うことができるのか!?そして、彼らは再び兄弟の絆を取り戻すことができるのかー!?映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は12月17日(金)より全国公開。

ストーリー

ボス・ベイビーと兄ティムが繰り広げた、赤ちゃんVS子犬の死闘から25年――。ボス・ベイビーは正真正銘のエリート社長として大成功し、兄のティムはタビサとティナという娘に恵まれ、幸せな専業主夫に。成長した2人はすっかり疎遠になっていた。そんなある日、ベイビー社に、悪の天才博士が世界征服を企んでいるという情報が舞い込む。世界を救うためには再びボス・ベイビー&ティムの力が必要と、2人の元に派遣されたのは、新たに「ボス・レディ」に任命されたティムの娘ティナだった――。「私、ボス・レディ。新たな任務を伝えに来たわ」世界中の赤ちゃんを洗脳し世界征服を企む悪の天才博士を止めるため、ボス・ベイビーとティムはスーパーミルクで赤ちゃん返りし、潜入捜査に向かう。見た目は赤ちゃん、中身は本当におっさんの2人は、世界を救うため史上最大のミッションを達成できるのか―?!

作品情報

■声の出演(吹替):
ボス・ベイビー:ムロツヨシ、ボス・レディ(ティムの次女ティナ):多部未華子
タビサ(ティムの長女):芳根京子、ティム(ボス・ベイビーの兄):宮野真守、
ジャニス(ボス・ベイビー&ティムの母):乙葉、テッドシニア(ボス・ベイビー&ティムの父):石田明(NON STYLE)
キャロル:坂本真綾、ウィジー:銀河万丈、アームストロング博士:大塚芳忠、ネイサン:中田理智、メ―ガン:新津ちせ、ジンボ:こばたけまさふみ、ステイシー:早見沙織、コニー:村瀬 歩、ボー・ピープ:悠木碧、糊ベイビー:ファイルーズあい、不気味少女::鬼頭明里、ノー・ガール:川井田夏海
■製作:ジェフ・ハーマン 
■監督:トム・マクグラス(『ボス・ベイビー』)
■配給:東宝東和、ギャガ 
■公式HP:bossbaby.jp  
■公式twitter: @Dreamworks_JP 
■公式instagram: @dreamworks_jp
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021 DreamWorks Animation LLC.  All Rights Reserved.