あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「明け方の若者たち」黒島結菜演じる<彼女>のアナザーストーリー配信決定!物語のキーマンは若葉竜也



ライター・カツセマサヒコの青春恋愛小説を映画化した『明け方の若者たち』より、北村匠海が演じる<僕>が一目惚れする<彼女>(黒島結菜)の知られざる“秘密”を描いたアナザーストーリーが、1月8日(土)よりAmazon Prime Videoにて独占配信されることが発表された。

アナザーストーリー『ある夜、彼女は明け方を想う』は、原作でも映画でも描かれることのなかった<彼女>のある物語について、カツセマサヒコが実は原作発売時から書きためていたという幻の作品。『明け方の若者たち』の映画化を記念して映像化となった。<彼女>自身のバックストーリーが描かれる貴重な作品で、スタッフは松本花奈監督以下、本編チームが引き続いて担当。物語のキーパーソンとして若葉竜也が出演する。



公開された予告映像では、「月が綺麗な夜、私たちが繋がってしまわなければ―」と<彼女>の意味深なナレーションからはじまり、若葉竜也演じる男性と仲睦まじい様子の<彼女>の姿が映し出される。一体、彼女が想う“明け方”とその意味とは―。

大注目の実力派若手キャストと新進気鋭の監督が描く20代の青春譚『明け方の若者たち』は12月31日(金)全国ロードショー。そして『ある夜、彼女は明け方を想う』は1月8日(土)よりAmazon Prime Videoにて独占配信。

コメント

黒島結菜

映画の撮影前に、彼女を描いた幻の一章があるので読みますか?と言われ読んだこの物語は、想像以上に辛く落ち込みましたが、彼女の弱さと強さを感じました。同じスタッフの皆さんとの撮影だったので、安心して現場にいられました。また違った彼女が見られると思います。映画と一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。

若葉竜也

映画版『明け方の若者たち』を撮り終わった直後の黒島結菜さん、監督、スタッフの中に飛び込んだので、皆さんの温度を感じ取りながらやりました。原作にはない物語です。ぜひ楽しんでください。


「明け方の若者たち」ストーリー

「私と飲んだ方が、楽しいかもよ?笑」その16文字から始まった、沼のような5年間。明大前で開かれた退屈な飲み会。そこで出会った<彼女>に、一瞬で恋をした。下北沢のスズナリで観た舞台、高円寺で一人暮らしを始めた日、フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり・・・。世界が<彼女>で満たされる一方で、社会人になった<僕>は、""こんなハズじゃなかった人生""に打ちのめされていく。息の詰まる会社、夢見た未来とは異なる現在。夜明けまで飲み明かした時間と親友と彼女だけが、救いだったあの頃。でも、僕はわかっていた。いつか、この時間に終わりが来ることを・・・。

作品情報

北村匠海
黒島結菜 井上祐貴
楽駆 菅原健 高橋春織
三島ゆたか 岩本淳 境浩一朗 永島聖羅 木崎絹子 寺田ムロラン  田原イサヲ 
 わちみなみ 新田さちか  宮島はるか
佐津川愛美 山中崇 高橋ひとみ / 濱田マリ
監督:松本花奈 脚本:小寺和久
原作:カツセマサヒコ「明け方の若者たち」(幻冬舎文庫)
主題歌:マカロニえんぴつ「ハッピーエンドへの期待は」(TOY'S FACTORY)
制作プロダクション:ホリプロ
製作:「明け方の若者たち」製作委員会 
配給:パルコ R15+
公式サイト:akegata-movie.com 
公式twitter & Instagram:@akewaka_info
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会