あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「恋です!」杉咲花が魅せる喜怒哀楽|「夜行観覧車」「湯を沸かすほどの熱い愛」…


©日テレ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」

ドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」では盲学校に通う女の子・ユキコを演じ、2021年12月30日(木)公開予定の映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』にも出演する杉咲花。「恋です!」では、視覚障害者という難しい役どころを違和感なく演じ、キュンキュンする展開も合わせて注目を集めている。

本記事では、彼女の出演作品をいくつか挙げ、演技の魅力について語りたい。

【関連記事】「恋です!」田辺桃子、2022年の目標を語る
【関連記事】杉野遥亮の魅力:小学生からヤンキーまで演じきる力
【関連記事】鈴木伸之の魅力|ヤンキー役、全部違って全部スゴイ

ドラマ「夜行観覧車」(2013)遠藤彩花役


©TBS「夜行観覧車」

2021年12月現在放送中の「最愛」をはじめ、「Nのために」「リバース」など多くの名作を生みだしたプロデューサー新井順子・演出塚原あゆ子・脚本奥寺佐渡子などをはじめとしたスタッフ陣が送る湊かなえ原作のドラマ。

分不相応だが憧れのひばりヶ丘に家を建てた一家が、周りの住人たちに「小さい家」「話が合わない」などときつく当たられる。引っ越して4年経ったある日、事件が起こる……というストーリー。

杉咲が演じたのは一人娘の彩花。素直で明るく優しい子だったが、中学受験に失敗。それでも前向きに公立中学での生活を楽しみにするが、もともとは友だちだった子から同じ男の子を好きになったきっかけにいじめられ、怒りの矛先をひばりヶ丘で暮らすことにこだわった母・真弓(鈴木京香)に向けるという役どころ。

この役のキレ演技がすごかった。もともとの子どもらしくかわいらしかった印象から、母親に対して「あんた」「~だろ」という口をきき、家じゅうのものを投げたり壊したりすることも。ここまでやれるのかと思うほどのつらさや苦しさが伝わってくる激しい演技に圧倒され、この子は只者ではないと思った。

向かいに住んでいる同い年の男の子・慎司を中川大志が、もともと彩花と仲が良かったが、慎司を好きになったことをきっかけに彼と仲のいい彩花を仲間外れにしていじめる志保を吉川愛(当時の芸名は吉田里琴)が演じている。杉咲を含め、3人とも主演を張る俳優に成長していてすごい。

【関連記事】ドラマ「最愛」にハマった人に見てほしい、愛すべきドラマたち

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)幸野安澄役

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録