あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-01-06

<2022年オススメ>最新タイムトラベル映画5選

(C)2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.

タイムトラベル映画はロマンに満ちている。実際にはあり得ない現象を描く題材だからこそ、映画のイマジネーションが最大限に発揮される、ある意味では作り手の力量が最もダイレクトに現れるジャンルとも言えるだろう。

ここでは、タイムトラベル映画の中から、2021年以降に劇場公開または配信が開始された厳選5作品を紹介しよう。なんと2022年1月7日から早くも「母娘版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』」とも言える快作が公開されるので、このタイミングで紹介しておきたかったのだ。

1:『こんにちは、私のお母さん』(2022年1月7日より劇場公開)



『こんにちは、私のお母さん』は2022年1月7日より劇場公開される中国映画だ。全世界の興行収入はなんと900億円で、39歳にして主人公の女子高生も演じたジア・リン監督が「世界最高の興行収入を獲得した女性監督」の名誉に輝いたメガヒット作だ。

物語は、母と共に巻き込まれた交通事故をきっかけに、20年前の1981年にタイムスリップするというもの。過去で家族や友人のために孤軍奮闘する小さな物語は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に近い。「自分が消えてしまわないように」奔走した『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とは逆に、本作は「母に苦労をかけさせないためにお金持ちと結婚してもらおうと頑張る(自分がたとえ消えようとも)」という、切なさも感じさせる物語となっている。

とは言え、本作の基本は思いっきりコメディ。ダメダメに思えて実は芸達者な主人公の奮闘や、周りが勘違いしていくシチュエーションにケラケラと笑えるだろう。さらに、1980 年代の中国の風景は、それを知らない日本人にも懐かしさや輝きを感じさせる。当時のバレーボールというスポーツの興隆やブラウン管テレビの普及などは、それよりも前の日本の高度経済成長期もどこか彷彿とさせる。

なお、ジア・リン監督は、本作の元となったコントを自身の母との実際の突然の別れを経験したからこそ作り上げ、さらに3年かけて今回の映画のために脚本を書き直したそうだ。だからこそ作品には「親孝行」にまつわる想いがたっぷりと込められており、さらには「あるトリック」が仕込まれていて、思いがけない感動もある内容にもなっていた。

タイムスリップの設定や物語運びには少し「ゆるい」ところがあるのも否めないが、それ以外は万人が笑って泣けて楽しめる。しかも「あれってどう思う?」と観た人に解釈の余地も残している、単純明快な面白さと奥深さを備えたエンタメとして理想的だ。こんなにも楽しい中国映画が日本にやってきたんだから観ない手はない。新年最初に観る映画としても超おすすめだ。

【関連記事】アリスの続編だけじゃない!時間を旅するタイムリープ映画オススメ5選!

NEXT|次ページ > お腹に穴が空いた謎の生物までもがタイムトラベル?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録