あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「鎌倉殿の13人」第1話 徹底解説:源頼朝=大泉洋を巡っての小競り合い!北条政子は「ぞっっっっっこん」!(※ストーリーネタバレあり)


>>>「鎌倉殿の13人」の画像を全て見る(全39点)

2022年のNHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」。三谷幸喜 脚本×小栗旬 主演で描く北条義時の物語。三谷幸喜曰く「吾妻鑑」を原作としており、そこに記されきれていない部分を想像と創作で補い、唯一無二のエンターテイメント大作に仕上げているという。

2022年1月9日、いよいよ本作の第1話が放送開始。

cinemas PLUSでは、本作の解説記事を、cinemas PLUS編集長の柳下自身が歴史が詳しくない方にもわかるよう噛み砕いて記していく。

<<本記事の構成>>

1ページ目:第1話「大いなる小競り合い」の超簡潔ストーリー解説 (歴史苦手でも理解できる!)

2ページ目:第1話「大いなる小競り合い」の歴史事象を交えた解説

超簡潔ストーリー解説 

第1話「大いなる小競り合い」の物語を一言で表すならば、


役者名で表現すると
→大泉洋をとっ捕まえる事を巡って、おっさんたちが小競り合い。それに意図せず巻き込まれる小栗旬。



歴史的に表現すると
→源頼朝を巡り、伊東祐親らと北条宗時らが対立。何の意思もなく、宗時の弟で主人公の北条義時は巻き込まれていく。



そんな物語である。



>>>「鎌倉殿の13人」の画像を全て見る(全39点)


本作の主人公は北条義時だが、源頼朝を巡る物語から始まる

事の発端は、源頼朝が八重との間に子を授かったことから。八重は新垣結衣が演じる。



>>>「鎌倉殿の13人」の画像を全て見る(全39点)


それにブチギレたのが、伊東祐親という人物。八重の父親である。



>>>「鎌倉殿の13人」の画像を全て見る(全39点)


実は源頼朝は、流刑によってこの地に流れてきた罪人である。しかもその罪人の監視役が伊東祐親だったのだ。

つまり、自分の娘と、自分が監視する罪人が、自分が留守にした3年の間に(=上洛してお仕えしていた間に)子を授かっていたわけである。

うん、私でもこれはブチ切れる。

で、どうなったかと言うと、源頼朝の所在が不明に!北条宗時ら、源頼朝を密かに慕う人物たちが匿っていたのだ。



>>>「鎌倉殿の13人」の画像を全て見る(全39点)


ここで初めて「北条」が出てきたわけだが。

北条宗時は、主人公北条義時の兄である。彼らの父、北条時政は伊東祐親の娘と結婚し、生まれたのが、北条宗時、北条政子、北条義時(=主人公)、北条実衣である。

つまり、主人公のお祖父ちゃんは源頼朝を追い、主人公のお兄ちゃんが源頼朝を匿っているのである。しかも伊東祐親の次男である伊東祐清は、源頼朝を匿うことに協力している。

伊東家と北条家という親戚関係にあるふたつのお家が、源頼朝を巡って「大いなる小競り合い」をする。そんな状況などつゆ知らず、主人公の北条義時は、兄の宗時に半ば命令されて源頼朝の保護に駆り出される。

これが「鎌倉殿の13人」の超簡潔ストーリーである。地獄絵図とはこの事かと言わんばかりである。

なお、筆者(当媒体編集長)の個人YouTubeには、動画版の簡易解説動画を投稿している。合わせてお楽しみ頂きたい。



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 歴史事象を交えた解説

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録