あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-02-04

『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳インタビュー「この作品を見たらみんな、アラタを好きになる」


>>>本記事の画像を全て見る(独占写真9点)

「大怪獣を倒したあとの”死体”はどうなるのか?」——特撮作品の虚を衝く映画が誕生した。三木聡監督がメガホンをとり、山田涼介が主演をつとめる『大怪獣のあとしまつ』。2022年2月4日(金)公開の本作は、国内外を巻き込んだ、大怪獣の死体処理の顛末を描きだす。

土屋太鳳が演じるヒロイン・ユキノは、環境大臣秘書官を務める自立心の高い女性。大怪獣の死体処理の責任者に任命された特務隊員であるアラタ(山田涼介)を陰ながら支える役まわりを、凛とした姿で演じる。三木聡監督との初タッグに寄せた思い、山田涼介の座長としての背中に感じたことなどを聞いた。

”愛”と”恋”の違いを体現したヒロイン像

——本作は「大怪獣を倒した後の、死体の後始末にまつわる顛末を描く」という、これまでにない題材の映画ですね。ヒロイン・ユキノを演じられた感想を教えてください。

土屋太鳳(以下、土屋):大人としての知性を持ちつつも、アラタへの思いを止められない感情的な一面もある女性だと感じます。

知性のある方は、言動や行動が落ち着いていますよね。自分が納得したうえで、しっかり行動を起こす印象があります。だけどユキノは、正論では片付けられない衝動に動かされることもある女性です。その本能的な振り幅を表現したいと思いながら演じました。


>>>本記事の画像を全て見る(独占写真9点)

——どんな点に気をつけて演じられましたか?

土屋:『大怪獣のあとしまつ』は、ユーモアの中に一貫して社会風刺が表現されている作品です。明暗が絶妙に混ざり合う本作でヒロインを演じるとなると、その”在り方”が二分されるのでは……と私は考えています。本作で言うと、アラタを代表とする「死体処理班」の立場か、ヒーローとは違う日常にいる「一般人」の立場か。

ユキノは元特務隊の一員だったので前者の立場でもあり、濱田岳さん演じる雨音正彦と結婚して現在は一般人のため、後者の立場でもあります。そこに、愛情と恋の違いが表れていると感じていて。ひとりの女性として、その違いをしっかり表現したい気持ちも強かったです。


>>>本記事の画像を全て見る(独占写真9点)

——土屋さん自身、特撮作品にはどんなイメージを持たれているのでしょうか。

土屋:小さな頃から特撮作品が大好きでよく見ていました。なので「倒された怪獣の後始末って、どうしてるんだろう?」って引っかかっていた部分があったんです。「あの倒されたビル、どうやって復旧するんだろう?」とか、誰もが一度は考えますよね。まさに、特撮作品の盲点をついた作品だと感じます。

山田涼介さんが他のインタビューで「今回はみんな戦ってない」と仰ってたんです。確かにその通りなんですよね。それでもみんな大真面目なのが、この作品の面白さにつながっていると感じます。


>>>本記事の画像を全て見る(独占写真9点)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 三木聡監督の現場で感じたこと

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会