あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ザ・スイッチ』の「6つ」の魅力を徹底解説!最先端のLGBTQ+への向き合い方とは?

SHARE

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS



現在、映画『ザ・スイッチ』が劇場で公開されています。本作の何よりの目玉は、「殺人鬼と女子高生が入れ替わっちゃった!?」という『君の名は。』的な「入れ替わりもの」を、スラッシャー(グロ増し増しな)ホラー映画に落とし込んでいることでしょう。

先に結論を申し上げておけば、これは「グロいのが大丈夫だったら確実に面白いよ!」と断言できる快作でした! しかも、LGBTQ+に対する作品の姿勢が真摯であるという、志の高さも特筆しておかなければならなかったのです。大きなネタバレにならない範囲で、さらなる魅力と特徴をたっぷりと以下にお伝えしましょう。

1:殺人鬼と入れ替わった圧倒的不利からの逆転を目指せ!



その「殺人鬼と女子高生が入れ替わっちゃった!?」というギミックが出オチになっていない、それを生かしたアイデアが満載ということを、まずは賞賛しなければならないでしょう!

そのアイデアの中でも第一にあげられるのが、この殺人鬼が「すでに警察から追われる身」であること。つまり、その状況で入れ替わった女子高生は、いきなり見た目が不潔なおじさんになってしまう+殺人鬼だから警察に逮捕されたら一巻の終わり+周りに理解者が1人もいないという三重苦を背負わされるわけです。

この『ザ・スイッチ』を観たことで、通常のホラー映画における殺人鬼は「たった1人」でターゲットを次々に殺して行かなければならないという、むしろ圧倒的な不利な立場にあったのだと気付かされました。主人公がその殺人鬼と入れ替わってしまい、しかも「見た目は殺人鬼だけど中身は女子高生なのよ!」と誰にも信じてもらえなそうなことを訴えるしかない……となれば絶望するしかない、というほどのものでしょう。しかも「24時間以内に元の身体に戻らなければ一生そのまま」という、タイムリミットサスペンスもおまけで(しかし重要な要素として)ついてきていました。

そして、「圧倒的な不利な立場からの逆転」というのは、あらゆる創作物においてもっとも面白い展開と言っても過言ではありません(具体的な逆転の方法は秘密にしておくので、ぜひ映画本編をご覧になってください)。その他でも、「おじさん殺人鬼と入れ替わったらそうするしかないわな」「なるほど、そうきたか!」と納得&驚きのアイデアが次々に繰り出され、見事な伏線回収もされるので、それはもう「超面白い!」と感嘆するというものなのです。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2:中身が女子高生のおじさんに萌え萌え!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS