あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<解説&考察>DC「ピースメイカー」の魅力:エログロに終わらないアメコミドラマの傑作



>>>「ピースメイカー」画像を全て見る

2022年6月現在でも『THE BATMANーザ・バットマンー』の世界的な大ヒットや、『ジョーカー』続編の発表、 『ブラック・アダム』の予告編解禁など、話題に事欠かないDCコミックスの実写作品。

今回は、その中でも全8エピソードがU-NEXTにて見放題で独占配信されているドラマ「ピースメイカー」の魅力に迫る!

ファンから高い評価を得て、すでにシーズン2の制作も決定している本作。
今回の記事では、当サイトのアメコミ好きライターが、その見どころを紹介していく。

>>>U-NEXTで「ピースメイカー」を観る

「ピースメイカー」とは

※こちらの動画から過去のピースメイカーの活躍を振り返ることが出来る。(ネタバレ有)


ドラマ「ピースメイカー」は、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』のスピンオフとなるドラマ作品。

前作で描かれた「スターフィッシュ計画」から、奇跡的に一命を取り留めた男・ピースメイカー。
彼が個性豊かなメンバーと共に、謎に包まれた「バタフライ計画」を阻止するため、そして、彼自身のトラウマを乗り越えるために戦う物語だ。



『ワイルド・スピード』シリーズの参戦も記憶に新しいジョン・シナが主演を務めた本作は、意外にもDCドラマとしては初となる映画シリーズのスピンオフ。

これまでにも、バットマンの世界が舞台の「ゴッサム」、「ARROW / アロー」からヒーローのクロスオーバーへと発展した“アローバース”など、数多くの人気ドラマが産み出されてきたDCコミックス原作の実写作品だが、本作ではついにドラマが映画と繋がることとなった。

魅力的なキャラクターたち

本作の監督を務めたのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で知られるジェームズ・ガン監督。

彼の過去作同様、本作でも魅力的なキャラクターたちは健在だ。



平和のためなら殺人もいとわない主人公・ピースメーカーに始まり、陽気な新米・アデバヨ、美しい女性エージェント・ハーコート、メンバーの指示役・エコノモス、ミステリアスなボス・マーンと個性豊かなメンバーが登場。

また、主人公をサポートする自称親友・ビジランテやピースメーカーの父・オーギー、柔術を得意とするジュードーマスターに主人公を追う捜査官・ソフィー、さらには、予想を超える強大なラスボスまで……。

一癖も二癖もあるキャラクターたちが入り乱れ、それぞれの秘密が次第に明かされる物語には、誰もが惹きこまれることだろう。

DC映画との繋がり

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』のスピンオフである本作は、前作エンドクレジットと地続きの場面から始まり、冒頭では同作をオマージュするように清掃員が登場。

『スーサイド・スクワッド』シリーズに続投しているアマンダ・ウォラーも再登場し、劇中では彼女の娘が大きな役割として初登場することになる。



また、劇中では、『ジャスティス・リーグ』のヒーロー・アクアマンやフラッシュを茶化すようなジョークも登場。

その他、シリーズを追っている人であれば嬉しいサプライズシーンもあり、ファンは特に必見といえる作品となっている。

音楽の魅力

ジェームズ・ガン監督作品と言えば、各場面とシンクロした楽曲のセンスも抜群。

とりわけ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』以降のアメコミ実写映画では、印象的なオープニングがファンの人気を集めていた。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では、主人公が宝探しの最中、ウォークマンで音楽(Redbone「Come And Get Your Love」)を聞いて歌い踊るシーンが話題に。


続編の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』では、グルート(人間そっくりの木から生まれたキャラクター)が、戦闘中に音楽(Mr. Blue Sky「Electric Light Orchestra」)にのせて踊る姿が登場した。


本作では、Wig Wam「Do Ya Wanna Taste It」にのせて、敵・味方関係なく、出演キャラクターが勢ぞろいするダンスシーンが登場。

何ともシュールな振り付けとキャストのポーカーフェイスが相まって、冒頭だけでも満足度の高い作品となっている。


ちなみに、ジェームズ・ガン監督作品で使われた楽曲の一部は、以下のプレイリストから聞くことができる。

監督本人のアカウントによってプレイリストが組まれている。
(ちなみに、このアカウントでは映画未使用のお気に入り楽曲も共有されており、この中には今後の作品に使われるものもあるのかも……)




全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ポリコレに向き合う物語

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録