映画コラム

REGULAR

2022年08月06日

まさに新時代!『ONE PIECE FILM RED』は“音楽映画”だった

まさに新時代!『ONE PIECE FILM RED』は“音楽映画”だった


>>>『ONE PIECE FILM RED』画像を全て見る

現在、週刊少年ジャンプで連載中であり、原作が最終章に突入した大白熱中の漫画「ONE PIECE」。そんなONE PIECEの最新作の映画『ONE PIECE FILM RED』が遂に公開となりました。

今作の舞台は音楽の島エレジア。その島で世界の歌姫であるウタの初ライブが開催されます。映画の中でもウタの歌唱シーンが何度も登場し、映画館にいながらライブに来ているかのような感覚に。

今作は音楽映画としても楽しめる、今までのONE PIECE映画とは一味違う新感覚の仕上がりとなっていました。

>>>【関連】<考察>『ONE PIECE FILM RED』記録破りの大ヒットを生んだ戦略と時代背景

>>>【関連】『ONE PIECE FILM RED』4DXの「5つ」の絶賛ポイントを解説!

>>>【関連】『ブレット・トレイン』濃厚で刺激的な「3つ」の魅力を解説

※記事内では『ONE PIECE FILM RED』の一部ストーリーに触れています。物語の核心は避けていますが、未鑑賞の方はご注意ください。

Adoの歌唱力は、最強だった



今作で登場する歌姫ウタの歌唱パートはAdoが担当しており、豪華アーティストが提供したウタの楽曲を全てAdoが歌っています。映画公開前から大きな話題を呼び、私もAdoの歌を映画館で聴けることをすごく楽しみにしていました。

そして、映画館の大音響と大スクリーンで聴いたAdoの歌声はまさに最強!力強くて激しい歌から切ないバラードまで、この歌を聴くためだけに映画館に行っても損はないと思います。世界の歌姫ウタの歌に相応しい楽曲の数々でした。



個人的なお気に入りの曲はやはり「新時代」。新時代という言葉も映画の1つのキーワードになっていました。

シャンクスのONE PIECE映画本格参戦に興奮!



『ONE PIECE FILM RED』にはシャンクスが本格参戦します。ルフィに麦わら帽子を託し、彼にとって憧れの海賊であるシャンクスが映画に登場ということで、歓喜したファンも多いのではないでしょうか?

シャンクスは原作では登場シーンが少なく、まだまだ謎の多いキャラクターです。本作では、そんなシャンクスと赤髪海賊団の戦闘を映画館で観ることができます。シャンクスファンには大興奮間違いなしのため、絶対に映画館で観ることをおすすめします。



さらにウタとシャンクスの親子のストーリーも描かれていきます。「娘がこんなことやってるのに、シャンクスが放っておくわけねえだろう!」ルフィのこのセリフも印象的でした。ウタとシャンクスの過去に何があったのか、ウタが創りたい新時代とはなんなのか、ストーリーが進むごとに明らかになっていきます。

世界を変えるウタの歌声が何をもたらすのか、映画館でぜひ見届けてください。

登場キャラクターの活躍も見逃せない!



今作でも魅力的なキャラクターが数多く登場します。麦わらの一味やシャンクス、ウタはもちろんのこと、映画オリジナルのキャラクターや原作でもお馴染みのキャラクターが登場。

中でも普段は敵であるキャラクター同士の共闘シーンは、ONE PIECE映画の興奮ポイントとして外せません。

麦わらの一味それぞれに活躍シーンがあり、特にエレジアの島の秘密を解き明かすシーンで頭脳明晰なロビンちゃんの姿を映画で観れたことが個人的には嬉しかったです。

ルフィとウタの過去のシーンが微笑ましかった



本作では、ルフィとウタが共にフーシャ村で過ごした過去が描かれます。幼少期のルフィとウタの無邪気なシーンがとても微笑ましく、勝負のたびにウタがルフィに言う「負け惜しみ!」というセリフも印象的でした。

「自分の歌でみんなを幸せにして新時代を創る」というウタを救おうとするルフィの姿も、今作の注目ポイントの1つです。ウタが創りたい新時代に共感はできないけれど、弱さをみせたり、怒りをみせたり、いろいろな表情を魅せるウタはキャラクターとして魅力的でした。

『ONE PIECE FILM RED』を音楽映画として推したい



『ONE PIECE FILM RED』はバトルアクションというより、音楽映画を観ている感覚でした。

シャンクスとウタの親子のストーリー、戦闘シーンももちろん魅力的でしたが、本作で最も興奮したのはやはり世界の歌姫ウタのライブシーンと、Adoの歌唱力です。

今までのONE PIECE映画とは一味違った、新時代の音楽映画『ONE PIECE FILM RED』の興奮はぜひ大スクリーンで体験してみてほしいです。IMAXでまた観たい!

(文:前野真岐)

>>>【関連】<考察>『ONE PIECE FILM RED』記録破りの大ヒットを生んだ戦略と時代背景

>>>【関連】『ONE PIECE FILM RED』4DXの「5つ」の絶賛ポイントを解説!

>>>【関連】『ブレット・トレイン』濃厚で刺激的な「3つ」の魅力を解説

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

©尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

RANKING

SPONSORD

PICK UP!