あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-08-19

映画『サバカン SABAKAN』公開|2人の映画監督が目の当たりにした、“俳優・草彅剛”の魅力とは?


>>>本記事の画像を全て見る(場面写真12点)

「青春の、少し前の、せいしゅん」をテーマに贈る映画『サバカン SABAKAN』。1980年代を生きる子供たちのひと夏の冒険を描いた本作で、主人公・久田の現代を哀愁とともに演じ、ナレーションも務めたのが草彅剛だ。

草彅といえば映画『黄泉がえり』(2003年)をはじめ、『日本沈没』(2006年)、『BALLAD 名もなき恋のうた』(2009年)、テレビドラマ「フードファイト」シリーズ、「僕の生きる道」(2003年)、「任侠ヘルパー」(2009年)、大河ドラマ「青天を衝け」(2021年)、「拾われた男」(2022年)など、出演作は枚挙にいとまがない。シリアスからコメディまで変幻自在に演じ分ける、言わずと知れた日本屈指の俳優である。

そんな草彅が改めて存在感を示した作品といえば、昨年公開され、日本アカデミー賞を含めた数々の映画賞を総なめにした『ミッドナイトスワン』だろう。この作品で草彅はトランスジェンダーという難しい役どころを繊細に演じきった。

今回cinemas PLUSでは、映画『ミッドナイトスワン』の内田英治監督と、『サバカン SABAKAN』の金沢知樹監督を直撃。間近で見たからこそ感じた“草彅剛の魅力”について聞いた。

『ミッドナイト・スワン』内田英治監督


草彅さんは、人として魅力的ですよね。役者としての意識のある方だと思うのですが、天性的にとにかく気持ちが純粋なんです。だから様々なキャラクターとの同化、重なり合う純粋性の濃度が高く、そして嘘がない。役に入っていくときの気持ちが、本当にピュアなんだと思います。なかなかいない役者だと思いますね。

8月26日(金)より、阿部寛が主演を務める映画『異動辞令は音楽隊!』が公開となる。


『サバカン SABAKAN』金沢知樹監督

もう一言だけです。「表裏一体」、これです。表も裏も草彅さん。昼も夜も草彅さん。カメラがあってもなくても草彅さん。どの角度で切ってみても、草彅さんは草彅さんなんです。役者としても人としても、生き方としても究極の状態だと思います。羨ましいです。多くの葛藤を乗り越えてきたんだなぁ、って思います。



■『サバカン SABAKAN』作品情報

8月19日(金)より全国公開。

出演

番家一路 原田琥之佑 尾野真千子 竹原ピストル 
村川絵梨 福地桃子 ゴリけん 八村倫太郎(WATWING) 茅島みずき 篠原  篤 泉澤祐希 
貫地谷しほり 草彅剛 岩松了

監督

金沢知樹

脚本

金沢知樹 萩森淳

配給

キノフィルムズ
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録