西のスタローン、東のジャッキー!二大アクション・スター対決!

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

6月26日から『ランボー ラスト・ブラッド』(19)が公開されます。

シルヴェスター・スタローンが『ロッキー』シリーズに続いて映画スターとしての不滅の地位を築きあげることに大いに貢献したバトル・アクション映画シリーズもいよいよ完結編!(まあ、2008年の前作にも『ランボー/最後の戦場』なんて邦題がつけられていましたが、そのあたりは映画業界の常ということで……)

そのシルヴェスター・スタローンの全盛期といえば、やはり1980年代なわけですが、当時は香港映画界からもジャッキー・チェンがアクション・スターとして一世を風靡しており、まさに東のジャッキー、西のスタローンとでもいうべきお互いの盛況ぶりではありました。

では今回は、両者が傑作珍作含めてどのような作品に取り組み続けていったかを、しばし比較していきましょう。

東西アクション・スターの
記念すべき初監督作品

シルヴェスター・スタローンが一躍スターの座を獲得したのは自らが脚本を記した『ロッキー』(76)で、これが大いに評価された彼は、主演第2作『フィスト』(78/昨年話題になった『アイリッシュマン』にも登場した全米長距離トラック協会リーダーの野心を描いたノーマン・ジュイスン監督の社会派大作)を経て、第3作『パラダイス・アレイ』(78)では主演のみならず自ら初監督(おまけに主題歌《天国に近づきすぎて》も歌っています。名曲です!)。

ニューヨークの貧民街で暮らす3兄弟が賭けレスリングを通しての家族愛を描いたヒューマンドラマで、いわば『ロッキー』のレスリング版とでもいうべき快作で、ここでの演出に自信をつけたスタローンは、続編を望む世界中の映画ファンの声にこたえて『ロッキー2』(79)を自ら監督して大ヒットさせ、シリーズ化にも成功するのでした。

かたやジャッキー・チェンは7歳から京劇や武術を学び、10代から20代にかけての1970年代前半は『ドラゴン怒りの鉄拳』(72)『燃えよドラゴン』(73)など数多くの映画のスタントマンやエキストラを務めつつ、72年より俳優デビューしますがなかなか目が出ず、76年に芸名を成龍(ジャッキー・チェン)と改名し、78年『スネーキーモンキー蛇拳』で独自のコミカル・クンフー路線を生み出したところこれが大ヒットし、続く『ドランクモンキー 酔拳』(78)でついにスターダムにのし上がります。

そして『クレージーモンキー 笑拳』(79)では初監督&主演を務めてこれまた大ヒットとなりました。

以後、ジャッキー・チェンもシルヴェスター・スタローン同様に監督&主演を両立させたものから主演オンリーのものまで幅広く活動していくことになるのです。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com