あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『モータルコンバット』レビュー | IMAX®シアター映えするハリウッド大作が久しぶりに登場


IMAX®映えに飢えていませんか?

IMAX®シアターで、大画面で、映える大作が見たくありませんか?

しかもハリウッドメジャーが大金をかけて、キャスト面でも贅を凝らし、CGも満載。
脚本やキャラクターの捻りで唸るのではなく、とにかく目の前で繰り広げられるド迫力バトルを浴びるような映画、そんな映画に飢えていませんか?

そんな飢えを癒してくれる映画が2021年6月18日にやっと我々の前にやって来てくれます。

それが『モータルコンバット』
人気対戦格闘ゲームの映画化で、真田広之や浅野忠信が出演し、とっても日本人に馴染みやすいハリウッド大作です。


大作映画が止まった一年

新型コロナウィルスの感染拡大はハリウッドを飲み込みました。あらゆる大作映画が公開延期に追いやられてしまいました。

大ヒットアクションシリーズの『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、マーベル・アメコミ大作『ブラック・ウィドウ』、モンスターバースの最新作『ゴジラvsコング』、ダニエル・クレイグの“ラストボンド”『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』などなど。

遂にはハリウッドメジャー会社の一角のMGMが経営が立ち行かなくなり、Amazonに買収されてしまう状況にまでになりました。確かに北米地区の主要都市部の映画館(約16,000スクリーン)が一年近く営業ができなかったので仕方がないとは言えますが・・・。

日本でも公開延期作品が続いていますが、ハリウッド映画となると北米地区だけではなく世界全体を市場にしていることもあって、その影響は大きなものとなります。 

ハリウッド大作の不在を実感するとき

日本でもハリウッド大作の公開延期作品が続きましたが、このことを実感するのがIMAX®シアターや4DX、MX4Dシアターで上映されている作品のタイトルを見たときです。

昨年2020年の春の映画館休業期間が明けてからというものIMAX®シアターではクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』『ダンケルク』『インセプション』『インターステラー』のリバイバル上映が続きました。これは秋に同監督の『TENET テネット』の公開が控えていたと言うこともあって、絶妙なプロモーション&映画ファンサービスとなりましたが、本来であれば夏休み期間中だったのでこのようなリバイバル企画ではなく新作がIMAX®シアターを占拠するはずでした。

しかし、ハリウッド全体が停滞したことで、ラージフォーマット向けの作品の日本への供給が止まり、リバイバル企画で枠を埋めざるを得ませんでした。

IMAX®シアターなどのラージフォーマットでの上映作品は『ワンダーウーマン1984』ぐらいしかハリウッド大作はなく、日本映画では『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』、劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』などが続きました。

現在ラージフォーマットの劇場では主に『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が上映されています。
幸いにして(?)『るろうに剣心 最終章 The Final』は大画面映えするエンターテイメント大作と言うこともあってIMAX®シアターの高解像度の大画面と優れた音響設備という要素をフルに活かすことができています。

実際、私はマスコミ試写で『るろうに剣心 最終章 The Final』を見たときに「これは大画面でこそ見るべき映画だ」と思い、公開初日にTOHOシネマズ新宿のIMAX®シアターに駆け込みました。
2021年6月4日からは『るろうに剣心 最終章 The Beginning』も公開されているので、映画館によってはIMAX®シアターで『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の”ハシゴ”ができる映画館もあります。 

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ハリウッド大作がついにIMAX®に帰還!!『モータルコンバット』公開!!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021 Warner Bros. Entertainment Inc.