あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

山田裕貴、今こそ知るべき魅力:未来に向かってノンストップ



山田裕貴「東京リベンジャーズ」画像ギャラリーへ

【関連記事】『東京リベンジャーズ』レビュー:原作をリスペクトした安心・安定・信頼の実写映画化

【関連記事】山田裕貴「ハイロー」シリーズを振り返るー「役柄とはいえ、本当に悔しかった」【短期連載・第1回】


2017年に週刊少年マガジンで連載が開始され、コミックの累計発行部数2000万部を突破した和久井健の「東京リベンジャーズ」。

4月から放送中のアニメーションもヒットしており、コミックとの相乗効果で大きな盛り上がりを見せています。

そして、負け犬フリーターのタケミチが運命を変えるために、タイムリープを繰り返すというヤンキーバトルにSF的要素を交えた異色の作品が、若手豪華キャストを終結させて実写映画化されました。

新型コロナウィルス感染拡大による撮影遅延・公開延期を乗り越えて、7月9日に満を持しての公開。延期は映画にとっては痛い出来事でしたが、アニメの大ヒットという追い風を受けることができ、結果的に最良のタイミングでの公開となりました。

 映画『東京リベンジャーズ』

この大ヒットコミックスの映画化に挑んだのは、『映画 賭ケグルイ』シリーズ、『映像研には手を出すな!』『ぐらんぶる』とぶっ飛んだコミック原作の映画化に定評のある英勉。

原作が未完結の中で、「東京リベンジャーズ」の持つエッセンスを巧みに取捨選択して、見事に脚色、2時間の枠内に見事の納め、この夏必見の一本に仕上げました。

映画化もされた『MOZU』シリーズや『探偵はBARにいる』シリーズ、『太陽は動かない』などのアクションを担当し、『あさひなぐ』『映像研には手を出すん!』で英勉監督と組んできた諸鍜治裕太が一対一、一対多数、多数対多数といったバラエティに富んだアクションシーンを設計、迫力満点のエンタメアクションを展開しています。

主演には原作ファンであり、主人公のタケミチのファンであることを公言している北村匠海。

カギの握る暴走族集団・東京卍會(トーマン)のトップであり、圧倒的な喧嘩の強さを見せるマイキーに吉沢亮、トーマンのナンバー2で高いカリスマ性を魅せるドラケンに山田裕貴がキャスティングされ、さらに眞栄田郷敦や鈴木伸之がトーマンのメンバーとして登場します。

そんなトーマンと対立する愛美愛主(メビウス)のハンマを清水尋也、両陣営の間で暗躍するキサキを間宮祥太朗が演じています。

また、タケミチの親友・アッくんに磯村優斗、タケミチのタイムリープを使って、過去と未来を変えようとする警官の直人に杉野遥亮。

そして、タケミチが過去に唯一、付き合った相手であり、直人の姉で、ハングレ集団と化したトーマンによって命を落とすヒナタを今田美桜が演じます。 



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 圧倒的な人気キャラクターをモノにした山田裕貴

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

和久井健/講談社 /2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会