これだけ、読んどけ!『超高速!参勤交代』魅力と解説

超高速!参勤交代 20160909 01-main

(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会

『超高速!参勤交代 リターンズ』がいよいよ公開となるが、これは『超高速!参勤交代』の続編に当たる。もちろん単発でも楽しめるが、1作目を楽しんでからの方がより楽しめる。

そんな1作目の鑑賞のお供となる内容を今回はまとめてみた。

[この映画を見れる動画配信サイト](2016年9月9日現在配信中)
b_dtvb_hulub_geo.jpgb_hikarib_netflixb_amazonb_unextb_jcomb_auvideob_itunesb_googleplayb_bonobo

そもそも参勤交代とは?

歴史の授業で習った記憶のある方もいることだろう。

“参勤交代”とは江戸幕府・三代将軍徳川家光の時代に敷かれた制度。諸国の大名に一年おきに国元と江戸を往復させ将軍への忠誠を誓わせた。また江戸屋敷には妻子を置き事実上の人質として幕府の監視のもとにおかれた。

幕府の最大の狙いは大名を経済的に疲弊させ力を蓄えさせないことで、各大名には石高に見合った規模の大名行列を組むことを求められ、必然的に旅費・献上品など常に多額の費用がかかった。

映画で描かれるのは?

将軍への忠誠を示すという建前のため日程は定められ、遅参などは厳禁だった。

それは、磐城の小藩・石高1万5000石の湯長谷藩も変わりない。

映画では、藩主の内藤政醇(佐々木蔵之介)はやっとのことで参勤交代を終え、故郷に帰ってきた。ところが、湯長谷藩の金山を狙う野心家の老中松平信祝(陣内孝則)の命で5日のうちに(実質には4日のうちに)再び江戸に参勤しなくてはいけなくなってしまった。どう急いでも8日はかかる。

飢饉も続き、蓄えのない湯長谷藩は藩主政醇、家老の相馬(西村雅彦)、剣客の荒木(寺脇康文)らと知恵を絞り、この無理難題に挑む。途中案内役に凄腕の抜け忍段蔵(伊原剛志)も加わり、山中を休みなく走り抜けることにする。

問題は幕府の監視役のいる数か所の宿場、ここは日雇い中間を雇って即興の行列を作ってごまかすことに。一方、金山を狙う信祝はあえて湯長谷の参勤を失敗させ、藩をつぶすため、刺客を送り込む。道中の混乱の中、単身となってしまった政醇は宿で身分の違いこそあるものの、その育ちが自分と重なる旅館の飯盛女のお咲(深田恭子)と知り合う。

政醇と湯長谷の面々が散り散り、ボロボロになる中参勤の期限当日を迎える…。

この映画は大ヒットとなり、続編制作へ

2014年の初夏に公開され、元々の時代劇しかも喜劇調の作品という特殊な作風であったものの、元々の時代劇ファンに加え親子連れや女性層など幅広い支持を受け、興行収入15億円を超える大ヒットを記録した。

佐々木蔵之介が根っからのお人よしで民百姓にも会津なまりで気軽に話しかける一方で、小藩の藩主ながらも将軍・幕閣にもきっちりと物申す政醇を好演。

西村雅彦、寺脇康文、知念侑李などの政醇を支える個性派キャストも活き活きとし、アクションに定評のある伊原剛志がキレのある動きを見せる。ヒロインの深田恭子はちょっと珍しい蓮っ葉な役どころをチャーミングに演じ、陣内孝則は喜々として悪役を一手に担う。
そして8代将軍吉宗役で市川猿之助が特別出演、さすがの貫録を見せる。

また、福島県いわき市に実在した湯長谷藩を扱うということで、いわき市が全面バックアップ。いわき市民が映画公開に合わせて実際に舞台挨拶の行われる東京まで踏破してみせた。

[この映画を見れる動画配信サイト](2016年9月9日現在配信中)
b_dtvb_hulub_geo.jpgb_hikarib_netflixb_amazonb_unextb_jcomb_auvideob_itunesb_googleplayb_bonobo

(文:村松健太郎)

金曜映画ナビ関連記事

VOD?先行EST?Netflix?今知りたい!横文字だらけの動画サービス
1台でも5台でも映画とドラマ見放題の「Hulu」、はじめての無料お試し方法

他の記事も読む
    映画の配信情報をチェック!
                      

    ライタープロフィール

    村松健太郎

    村松健太郎

    村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年目に入った映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、イベント運営に携わる一方で各種記事を執筆。

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • カツセマサヒコ
    • 桜井
    • 立岡未来
    • firstserver

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo