思春期の闇を描いた学園ホラー映画たち

ウイルスや細菌のワクチンの中には、その病原体が持つ病原性を弱めたものを用いる生ワクチンがありますが、「毒をもって毒を制す」ということわざが示唆するように、マイナスの状況にあるときにあえてプラスではなくマイナスの要素をぶつけてみるのも生きていく上でのコツではあるようです(もちろん時と場合にもよりますけど)。

映画にしても見る者をいや~んな気分にさせる目的で作られたものが多々ありますが(最近では『ミッドサマー』のクリーンヒットが挙げられますね)、どうして人はそういったものに惹かれて見てしまうのか? 人は負の感情に陥っているとき、負の感情をもたらす映画に接することで思考をプラスに転換させてくれる効果があるのかもしれません。

というわけで今回は、学園を舞台、もしくは学生たちをメインに繰り広げられる闇映画を2本ピックアップしてみましたが、みなさんそれぞれの心とご相談の上、お試しください!?

実は思春期の闇を突いた
秀作『怪怪怪怪物!』

(C)2017 Star Ritz International Entertainment
 

いきなり衝撃的な作品からご紹介させていただきます。

その名も『怪怪怪怪物!』(17)!

イジメがはびこる高校を舞台にした台湾の青春ホラー映画で、視覚的にも精神的にもかなりショッキングな作品ですが、同時に人間の心の闇に鋭く言及した秀作です。

冒頭から2匹(いや2人と呼ぶべきでしょう)の食人鬼が登場してのスプラッタ・シーンを目の当たりにして、「こりゃ覚悟して見なきゃな」という気にさせられます。

その後一転して映画はクラス中からイジメを受けている少年リン・シューウェイのエピソードが始まりますが、その諸所のシーンもなかなかえげつなくて、見ている側が「許してください!」と叫びたくなるほど。

さらには生徒だけでなく「いじめられる側も悪い」とでもいった姿勢を露にする担任に至っては、本当に胸糞悪くなってしまいます。
(結局、世界中どこの国でもイジメは深刻な問題と化しているってことですね……)

やがてリンは、その担任からイジメっ子3人とともに独居老人の手伝いをする奉仕活動をやらされる羽目になるのですが、そこで彼らは食人鬼と遭遇し、小さいほうを捕まえて本人たちからすれば冗談半分のような独自の実験(ってか、拷問そのものです)を始めていきますが、そこから派生する残酷なエピソードもあれこれ見られます。

しかし食人鬼はもう1人いるわけでして、当然その後は『大巨獣ガッパ』スプラッタ・ホラー版のごとき様相を呈していくわけですが、それらは意外にもスタイリッシュに処理されていて、見せ方の工夫に怠りはありません。
(Yen Town Band Charaが歌う《マイ・ウェイ》が流れながらのスクールバスのくだりは圧巻!)

そうこうしながら本作が真に訴えかけていくのは人間、特に思春期特有の心に潜む邪悪な闇の要素の抽出にあり、それはまるで『ジョーカー』を先取りしていたかのような趣きすらあり(主人公がジョーカー風のメイクを施しているシーンもあります)、実は人間こそが最大のモンスターであると言った言葉すら空しく響くほど……。

実はこの作品の監督&脚本は、日本でも2018年に山田裕貴&齋藤飛鳥主演でリメイクされた『あの頃、君を追いかけた』(11)のデギンズ・コーです。

明るく溌溂としながら、いつしか切なく映えわたる繊細な青春群像劇を発表した彼は、続いて真逆ともいえる負の要素満載の青春映画に挑戦したのでした。

いわば『あの頃、君を追いかけた』と『怪怪怪怪物!』は、合わせ鏡のような関係性にあるともいえるでしょう。

食人鬼が誕生した理由と、それに準じつつ展開される残虐エピソードとのバランスや、イジメも含めた若者たちがしでかす数々の愚かさなども巧みにリンクしており、そのために見る側はより精神的にも追い詰められていきます。

またそれに伴い、クライマックスでは思わず感極まって涙腺が緩んでしまう方もいることでしょう。

おそらくはラストも賛否が大きく分かれることでしょうが、個人的には「なかなか見事に決めたな!」とニンマリしています。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com