リンクレイター最新作『30年後の同窓会』ポスター&予告映像が解禁

©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

リチャード・リンクレイター監督の最新作『30年後の同窓会』が2018年6月8日(金)に公開される。この度、本作のポスター画像と予告映像が解禁された。

『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督が12年の構想を経て実現した本作。スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという名優たちが集結し、過去と現在の苦しみに向き合いながら、ユーモアに満ちた仲間との旅と友情の物語が展開する。

予告編のナレーションは田口トモロヲが担当。映像は、妻に続いて息子を亡くした傷心のドクが30年ぶりに友人を訪ねるところから始まり、最初は戸惑いながらも徐々に心を通わせ合っていくかつての友人たちとの姿が映し出される。息子の遺体を運ぶ悲しい旅ではあるものの、強い絆で結ばれた3人が織りなす他愛のない掛け合いやユーモアが織り交ぜられ、心温まるシーンが散りばめられている。

『30年後の同窓会』は、2018年6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー。

ストーリー概要

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。ドクは2人に、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われるなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かう――。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

関連記事

『エブリバディ・ウォンツ・サム』ありふれた物語だからこそ楽しめる5つ理由

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com