クラヴマガ、KFM…映画に登場する戦闘術。クリスチャン・ウルフは?

ベン・アフレック主演で贈るサスペンス・アクション映画『ザ・コンサルタント』が2017年1月21日(土)より全国公開される。

ザ・コンサルタント ベン・アフレック

昼は田舎のさえない会計士の仮面をかぶり、夜は裏社会の殺し屋として巨悪に対峙する謎の男“クリスチャン・ウルフ”をベン・アフレックが演じる本作。

腕利きの殺し屋であるクリスチャンは近接戦闘において外科医のように精密で、相手を一瞬で仕留める“最も実践的な武術”と名高いインドネシアの伝統的な格闘術“プンチャック・シラット”を採用。特殊部隊やアメリカ海兵隊でも取り入れられており、劇中でクールな表情を微塵も変えることなく、たった1人で組織を壊滅に追い込んでいく。

本作以外の映画でも、特殊な格闘術を使って戦うヒーローは、これまで多く存在してきた。そこでクリスチャン・ウルフが扱うシラットと共にヒーローたちが愛用する戦闘術をフューチャーして3作紹介していく。

クラヴマガ by ジェイソン・ボーン

『ボーン』シリーズのジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が得意とするのは“戦火の絶えないイスラエルで生まれた戦闘術で、イスラエル軍や米国政府機関でも採用されているクラヴマガ”。

記憶を失い、追われる身となったジェイソンはこの戦闘術で追手の政府、警官、犯罪者集団との戦いで体に染みついたこの武術でなぎ倒し、圧巻の強さを披露。人間が本能的に持つ条件反射を動きに取り入れており、体が自然に護身の動きとして反応するのが特徴。クラヴマガは「生き残るための戦闘術」と言われており、徹底的な実戦主義のもと、トレーニングでは相手が複数人や武器を持った想定で行う。

KFM(キーシ・ファイティング・メソッド) by ジャック・リーチャー

『アウトロー』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のジャック・リーチャー(トム・クルーズ)が愛用するのがスペイン生まれの護身術“KFM(キーシ・ファイティング・メソッド)”。

ジャックは自分より上背がある相手に対して、低く構え、両手で頭を抱えるように前傾姿勢をとり、肘や膝を使って相手を倒す。ジャックを演じたトムは約3か月かけて、時には深夜にまで及ぶ訓練の結果、実際にこの戦闘術を実戦で扱えるレベルまで習得したそう。『バットマンビギンズ』や『ダークナイト』でバットマン(クリスチャン・ベイル)が使っていた体術でもある。

プンチャック・シラット byクリスチャン・ウルフ

ザ・コンサルタント プンチャック・シラット

そして冒頭に紹介した『ザ・コンサルタント』の主人公クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)が得意とする“プンチャック・シラット”はインドネシアで継承されている伝統的な武術。無駄な動きをせず精密で、直線的に効率よく戦うことが出来るこの戦闘術は、クリスチャンの役柄に合い採用された。

素手・足を用いた打撃、投げ技、関節技の体術から、短剣などの武器を使った戦闘方法もあり、また護身術としてだけでなく、礼節を知り心と体を鍛えるという側面もある。

現在では欧米の軍隊でも採用されており、本作でクリスチャンは幼少期に軍人の父親からこの武術を叩き込まれた。クリスチャンは体得したこの武術で複数の敵を次から次へと瞬殺していく。

無双の強さを誇るクリスチャン、そして彼の使う戦闘術でもある“プンチャック・シラット”が間もなく日本のスクリーンで暴れまわる。

映画『ザ・コンサルタント』は、2017年1月21日(土)より、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国公開。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

『ザ・コンサルタント』独占試写会30組60名様ご招待
ベールに包まれたクリスの過去が…『ザ・コンサルタント』日本版予告解禁
【現地レポ】映画『ザ・コンサルタント』ワールドプレミアを実施!
『疑惑のチャンピオン』が炙り出す“都合の良いことを信じる恐ろしさ”
ジャン・レノ主演!映画『ザ・スクワッド』公開決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事