みんな汗だくになって…高橋伴明×奥田瑛二が描くエロス『赤い玉、』舞台挨拶

赤い玉、完成披露 舞台挨拶

2015年9月12日より公開となる映画『赤い玉、』の完成披露上映会が、先日8月25日に東京 シネ・リーブル池袋で行われ、主演の奥田瑛二、ならびに劇中で濡れ場を演じた3人の女優、そして高橋伴明監督が舞台挨拶に登壇した。

20年の時を経て、今だからこそ描くエロス

赤い玉、 奥田瑛二 不二子

映画『赤い玉、』は、日本初のヘアヌードで話題を集めた『愛の新世界』から約20年、高橋伴明監督があらたに“エロス”に挑んだ意欲作。主演に奥田瑛二を迎え、誰しも経験する“老い”と“性”をテーマにし、人生の半分を過ぎようとする男たちが、葛藤と焦燥感にさいなまれつつながらも不確かなものを求め続けるさまを描いた。

赤い玉、 奥田瑛二 村上由規乃

奥田『今の日本の映画にはエロティシズムが皆無に等しい』

赤い玉、完成披露 舞台挨拶

舞台挨拶冒頭、高橋伴明監督は「大学で何本も学生のつくる映画を観ていまして、性表現というものからみんな逃げていると感じたんです。これではいかんと思って、こんな爺さんでも、頑張ってここまでの表現するというの見せたくて、企画しました」と、本作を撮るに至った経緯を語った。

赤い玉、完成披露 舞台挨拶

続いて挨拶をした主人公・時田修次役の奥田瑛二は「監督がおっしゃるように、今の日本の映画にはエロティシズムが皆無に等しい。それをどうしたらいいかといったら、同い年としては爺さんが脱ぐしかないなと。こういうことを聞いて若い奴らはどういうことを思うかって話」と、監督とともにエロスに体当たりで挑んだ意気込みをみせた。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com