高畑勲監督が手がけた『赤毛のアン』、一夜限りの再上映決定!

 © NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Anne of Green Gables” TMAGGLA

高畑勲監督のもとで日本アニメーション株式会社が制作し、「世界名作劇場」シリーズ5作目として1979年に放送されたアニメ『赤毛のアン』。この度一夜限りの上映会が行われることが決定した。

全50話からなるテレビシリーズの第1話~第6話を、高畑監督が1989年に自ら再編集した劇場版『赤毛のアン ~グリーンゲーブルズへの道~』。

 © NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Anne of Green Gables” TMAGGLA

2018年4月に逝去された高畑勲氏を偲び、2018年10月6日(土)~10月22日(月)に東京・新宿地区で開催されるイベント「アニメフィルムフェスティバル東京2018」のプログラムのひとつ「アニメヘリテージ上映企画」として、10月19日(金)の20:45より、シネマート新宿にて一夜限りの上映会を行う。

上映前には、アン役の山田栄子、ダイアナ役の高島雅羅を迎えてのスペシャルトークショーも開催される。

【イベント概要】

上映劇場
シネマート新宿 スクリーン1
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/

日時
2018年10月19日(金) 20:45~

プログラム
・トークショー(約30分間)
(山田 栄子氏、高島 雅羅氏)

・本編上映(約100分間)

チケット
3,000円(税込み)
「アニメフィルムフェスティバル東京2018」公式サイトにて発売中

作品情報

全50話からなるテレビシリーズの第1話~第6話を、高畑監督が1989年に自ら再編集した劇場版作品。

孤児院からカスバート家に引き取られてきた少女アンが、カナダ・プリンスエドワード島の美しい自然の中で、寂しかった過去から解放され、自分の居場所を見つけていくまでを描くストーリー。

アンの物語の冒頭を丁寧に描いたこの作品には、喜びや絶望を乗り越えて、世界の美しい部分を見出だすアンの視点と空想力が鮮やかに描き出される。

「楽しもうと決心すれば、たいていいつでも楽しくできるものよ」

そう話すアンの生き方は、苦しい時代を生きる私たちに小さなヒントを与えてくれているよう。

関連記事

高畑勲『火垂るの墓』を読み解く3つのポイント
高畑勲監督の最高傑作は『ホーホケキョ となりの山田くん』である! 厳選5作品からその作家性を語る
追悼・高畑勲監督、最後の作品『かぐや姫の物語』は語り継がれるべき傑作だ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com