カンヌある視点部門“ポエティックストーリー賞”受賞作『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』公開日&邦題決定!

パリが生んだ20世紀最高の歌姫バルバラが紡ぐ、激情のドラマ『BARBARA』(原題)が邦題『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』として、11月16日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーが決定した。

2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞した本作は、「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラの人生を、実際のバルバラのステージ映像を交えながらたどる熱情の愛のドラマ。

謎に満ちたバルバラの人生を演じるひとりの女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨う。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌はやがて、二人をバルバラの人生そのものへと姿を変えていく。

本作は、マチュー・アマルリックが監督・脚本・出演、そして『そして僕は恋をする』で共演した元パートナーのジャンヌ・バリバールが、バルバラという時代を駆け抜けたひとりの女性に乗り移ったかのように熱演している。

バルバラ(Barbara, 1930年6月9日 – 1997年11月25日)
パリ17区で生まれる。ユダヤ系であるため、ナチス・ドイツによるフランス占領時代には国内を転々とした。戦後はパリ20区、パリ16区等に居住。同居していた母が亡くなったパリ16区の通り名が付いた曲のほか、現在、道路名にバルバラの名前が付けられているナントを歌った曲(「ナントに雨が降る」)などがある。コンサートやステージの開催時、それら公演の宣伝を一切行わないにもかかわらず発売直後にチケットが完売する現象は”神話”と呼ばれた。発表した作品群はフランスのみならず様々な国の聴き手に感銘を与え、1990年には来日公演も行われた。また昨年~今年にはパリのフィルハーモニー・ド・パリで没後20年を記念した「バルバラの大回顧展」が開催、現在も圧倒的な支持と評価を受け続けている。

ストーリー概要

フランスの国民的歌手バルバラに扮した映画の撮影を控えている女優ブリジット。彼女はバルバラになり切るため、自身の性格・歌声・ジェスチャー等すべてをバルバラに模し、自分の中に取り込もうとする。次第にバルバラの存在が自分の中で大きくなり、心身ともにバルバラに支配されるブリジット。そして映画監督イヴも同様、バルバラの存在にのめり込んでいく。果たしてイヴを支配しているのはバルバラなのか、それともバルバラに扮したブリジットなのか?バルバラの貴重なフッテージも絡めながら、一個人のアイデンティティの崩壊、そして再生が今スクリーンに赤裸々に写し出される。

関連記事

カンヌが発端―河瀨直美監督、J・ビノシュ&永瀬正敏W主演の新作発表
ついに、予告解禁!長澤まさみ主演『散歩する侵略者』
ロシアの鬼才に打ち抜かれる人続出!『ラブレス』著名人からのコメントが到着!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com