弾圧、焼身抗議…チベットの今を知る映画『ルンタ』の公開日が決定

チベットでは中国政府の圧政に対し、自らの体に火を放って抵抗を示す”焼身抗議”が後を絶たず、その数は141名(2015年3月3日現在)と言われている。

この焼身抗議をはじめとする、チベットの問題を取り上げたドキュメンタリー映画『ルンタ』が2015年7月18日(土)より東京・渋谷のシアター・イメージフォーラム他全国で公開されることが決定した。

チベット ルンタ 映画
(C) Ren Universe 2015

監督は『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』など、弱者の視点に寄り添った作品を撮り続けているドキュメンタリー映画作家の池谷薫。

映画のタイトルとなっている”ルンタ”とは、チベット語で”風の馬”を意味し、天を翔け人々の願いを神仏の元に届けると信じられている。本作ではこの”ルンタ”に導かれ、チベットでNGO代表として活動している建築家・中原一博を水先案内人とし、チベット人の持つ”慈悲”や”利他”の心を探る旅が描かれている。

暴力やテロが大きな問題となっているこの世界で、非暴力の戦いを続けるチベット人たちの思い、そして誇り高きメッセージに耳を傾けてみてはいかがだろうか。

関連リンク

“アラナイ”女性達の経済成長ドキュメンタリー映画『シャーリー&ヒンダ』
三宅洋平の異色の選挙活動に迫るドキュメンタリー『選挙フェス!』公開決定
ドキュメンタリー映画の巨匠ヴィム・ヴェンダース最新作『セバスチャン・サルガド』
スライ・ストーンを追ったドキュメンタリー『スライ・ストーン』の公開が決定!
砂漠を一人で横断した女性のノンフィクション『奇跡の2000マイル』公開決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com