土屋太鳳、歌う!映画主題歌に初挑戦。作詞も担当

バレリーナを夢見る少女を描くアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の日本語吹替版の主題歌を、女優・土屋太鳳が歌うことが明らかとなった。土屋にとって映画主題歌は初で、同楽曲で作詞も担当する。

土屋太鳳、映画主題歌に初挑戦!

19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシー(エル・ファニング/土屋太鳳)は、バレリーナになることを夢見る、踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志している親友のヴィクター(デイン・デハーン)に誘われ、エッフェル塔が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデット(カーリー・レイ・ジェプセン/黒木瞳)との出逢い、お金持ちの一人娘カミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか――

フェリシーと夢のトウシューズ

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は、花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女を描いたアニメーション作品。『最強のふたり』の製作陣が『カンフー・パンダ』『マダガスカル』のアニメーターとタッグを組み、初のアニメ映画に挑む。振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術館であるオレリー・デュポン、ジェレミー・ベランガールが担当し、実写とアニメーション製作陣がジャンルの垣根を越えて集結する。

日本語吹替版では主人公の少女・フェリシーを、本作で洋画の吹き替えに初挑戦する土屋太鳳が演じるほか、オデット役に黒木瞳、メラントゥ役に熊川哲也、ル・オー夫人役を夏木マリが演じる。

このたび本作の日本語吹替版の主題歌が、土屋太鳳の歌う「Félicies」(フェリシーズ)になったことが明らかとなった。

フェリシーと夢のトウシューズ 土屋太鳳 主題歌

同楽曲は何度転んでも立ち上がる明るく前向きなフェリシーを応援するオリジナルソングで、土屋にとって映画主題歌の歌唱をつとめるのは初のこと。また、これまでもNHK連続テレビ小説「まれ」の主題歌など、作詞活動でも才能を発揮してきた土屋が、同楽曲の作詞も担当している。

歌詞について土屋は「フェリシーを生きた時間の中で感じた気持ちを根っこに、自分自身が歩んできた時間の中で実感した思いであったり、そして、応援してくださる方々への感謝やエールを込めて言葉を綴り歌わせて頂きました」とコメントしている。

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は2017年8月12日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

(C)2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.

関連記事

土屋太鳳、洋画吹替に初挑戦!映画『フェリシーと夢のトウシューズ』
真面目に頑張る“土屋太鳳”を、心から応援したい。
土屋太鳳が映画で演じた全「女子高生」!
土屋太鳳、ぶっ飛び!!映画『トリガール!』予告解禁
菅田将暉×土屋太鳳「となりの怪物くん」実写化決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com