「『下忍 赤い影』『下忍 青い影』は大きく羽ばたくふたりの俳優の序章」寛一郎と結木滉星の魅力を山口義高監督が語る

【独占インタビュー】
10月4日(金)公開『下忍 赤い影』、11月15日(金)公開『下忍 青い影』

本作は、歴史に名を刻まれている幕末の志士たちの活躍の裏で、緻密な諜報戦の最前線で実行部隊として戦っていた名もなき忍者たち・下忍に焦点を当てた2部作。俳優・佐藤浩市を父に持つ寛一郎が、『下忍 赤い影』の主演として勝海舟より密命を授かる忍・竜役を務める。一方、『下忍 青い影』の主演は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のパトレン1号・朝加圭一郎役で注目を浴びた人気俳優・結木滉星。薩摩藩が送り込んだ琉球武術の達人・尚を演じる。さらに、『キングダム』で鮮烈なアクションを魅せた坂口拓がアクション監修を担当する本格忍者バトル映画の本作。メガホンを取った山口義高監督が、アクションや俳優たちの魅力を通して本作の見どころを語ったインタビューが到着した。

——撮り終わって10、11月の連続公開を控えたいま、心境はいかがですか?

山口義高監督(以下、山口監督):6月に撮ったので、公開まで早いなって感じです。自分たちの中で熟成していないものを、現場で生まれたものをパッと出す感じで、それはなかなかないことではあるのですが、いい速さだなとも思っているところですね。寛一郎くんにしても結木滉星くんにしても、いまの彼らの姿をそのまま、歳を重ねる前に出すことになるので、すごくいいのかなと思っています。

——下忍や幕末という題材、忍びのアクションなど見どころが多いですね。

山口監督:撮影で一番こだわったところは、主演のふたりはもちろん、アクション監修の坂口拓さんが、最高の環境でアクションができるようにすることでした。それがまずあって始まってもいますし、僕はそのほかにあたるドラマパートを受け持った。拓さんが素晴らしいところは、普通の忍者像をくつがえすような動作ですね。いわゆるアクションというイメージではなく、忍びとは殺しに行くものというロジックの上でのアクションを構築してもらっているので、そこを大事にするために、そこにいたるまでのアクションの流れをしっかりと作っていくことが自分の役目で、そこは重視しました。

——坂口さんは、撮影前日にワンカットに殺陣を変更したそうですね(笑)。

山口監督:そうですね。びっくりしましたが、実はうすうすそういう感じになるだろうとは思っていました。というのも、カットごとに割って撮るよりも、一連の動作を決めて撮ったほうが今回のふたりを最高のかたちで見せられると思いました。どうしてもカットを割ってしまうと、ブレスが感じられない、アクションが分断されてしまうんですよね。人間が人間を倒そうとしている時は、差し迫った間合いや息遣いがあるので、それが消えてしまう。それをなるべく殺さないようにやるということを気づいていた。40歳を超えたおじさんであればカットを割ったほうがいいとは思いますが、20歳前後の若者が立ち向かうので、ワンカットのほうが断然いいですよね。

——割らないことで殺陣に感情が乗り、実にエモーショナルになりました。

山口監督:隠されていた彼らは、戦っているときこそが存在している瞬間なんですよね。若いですから、息遣いそのものまで表現としていいのではないかと。それさえもカッコいい。タイプは違う俳優で、それぞれ違うアプローチでアクションをしていたので、何回観ても面白い作品になったと思います。

——監督から改めて見て寛一郎さん、結木滉星さんの魅力はどういったところでしょうか?

山口監督:いまの日本映画界の若い俳優って、すごくレベルが高いと思うんですよ。菅田将暉、山崎賢人、仲野太賀、林遣都などを観ていると、イケメンみたいなことが普通にあるなかで、たとえばアクションがこなせるってアピールするポイントになるわけですが、でもそれすらもみな、ある程度できてしまうレベルなんですよね。でも、寛一郎くんと結木滉星くんはレベルが高い中でも、その上をいくほどの突出したレベルで、すごいと思います。

寛一郎くんは持って生まれたものがまず違いますよね。三代続く間違いないものと言いますか、そういうのあるんですよね(笑)。持って生まれた色気みたいなもの、存在感、俳優にとって一番大事なものがすでにある。もっともっと磨いていかないといけないものがあると思いますが、今回本格的アクションは初めてというにも関わらず、それでも独特なアクションをする。ほかの人と違うようなしなやかなもので、それは才能なんです。

対して結木滉星くんは、芯がある鋼のようなアクションをする子で、細い鋭い金属がぶつかり合うようなガチガチ音がしそうなアクションでした。彼も今後、素晴らしい俳優になるだろうと思う。坂口拓も言っていましたが、運動神経がいいのでアクションの表現力がどんどん伸びていくはず。

——最後になりますが、映画を待っている方へメッセージをお願いします。

山口監督:連続公開の『下忍 赤い影』『下忍 青い影』は、ある意味で、今後大きく羽ばたいていくふたりの俳優にとって、序章になると思っています。これを機に、寛一郎、結木滉星に注目してほしいと思います。長回しのアクションはぜひ観てほしいです。そこに彼らの大きく踏み出した息遣いも感じると思いますので、ぜひ映画館で何回も観ていただけたらと思います。

『下忍 赤い影』は10月4日(金)、『下忍 青い影』は11月15日(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほかにて公開。

『下忍 赤い影』あらすじ

武士による統治が終わろうとしている幕末。忍者と呼ばれるものは、もはや時代遅れとなっていた。竜(寛一郎)は、忍者組織の最下層である「下忍」の末裔であるが、今や抜け忍となり江戸で暮らしている。そんなある日、竜はその出自を見抜いた勝海舟(津田寛治)にスカウトされて密命を授かる。それは、「江戸に嫁がせた薩摩藩の姫・静(山口まゆ)を奪還して国に送り戻せ」 というものだった。やがて薩摩藩からの追っ手として謎の琉球武術の遣い手・尚(結木滉星)が放たれた。追われる二人と追う男、それぞれの思惑が絡み合いながら戦いの旅が始まった…。

『下忍 青い影』あらすじ

幕末。倒幕を狙う薩摩藩士たちの狼藉で庶民の暮らしが脅かされている時代。琉球武術の使い手、尚(結木滉星)は、薩摩藩士・隆正(須賀貴匡)と諍いの果て、不穏な空気が漂う江戸に流れ着いていた。尚はある日、女郎屋に売られた少女・千(三上紗弥)と出会うが、その影には、西郷隆盛から指令を受けて江戸の動乱に拍車をかけたい隆正の姿があった。因縁の再会を果たした時、尚の心の奥底に青白い火が灯った。そしてその火を見透かした勝海舟(津田寛治)は、尚に時代変革の着火剤として働くよう密命を下した。

(C)2019「下忍」製作委員会

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com