『シン・ゴジラ』と多摩川浅間神社がコラボ! 御守り&絵馬セット・手ぬぐい販売!

映画『シン・ゴジラ』と「多摩川浅間神社」がコラボレーション。オリジナルデザインの「御守り&絵馬セット」と「手ぬぐい」の販売が開始された。

2016年に公開した映画『シン・ゴジラ』と、その劇中で“タバ戦闘団前方指揮所“が設置された「多摩川浅間神社」。商品は2019年12月26日(木)より多摩川浅間神社および「ゴジラ・ストアTokyo」にて販売が開始されている。

劇中で指揮所となった多摩川浅間神社は破壊されず、そのことからゴジラの危機から逃れ<災害から守られる>、<災いを跳ね除ける>ご利益のある場所として、「ゴジラファンの間で人気の高いスポットとなっている。

商品概要

多摩川浅間神社『シン・ゴジラ』御守り&絵馬セット

2,000 円(税込み)

御守り(刺繍) 寸法︓ 50×80mm 材質︓ポリエステル
絵馬 寸法︓120×84mm 材質︓天然木

多摩川浅間神社『シン・ゴジラ』手ぬぐい

1,200 円(税込み)

寸法︓35×90mm 材質︓岡生地

「多摩川浅間神社」(東京都大田区田園調布 1-55-12

浅間神社は今から 800 年前の創建と伝えられています。鎌倉時代、源頼朝が豊島郡滝野川松崎に出陣した際に、夫の身を案じ、後を追ってきた北条政子が⾜を痛め療養した場所が多摩川。⻲甲⼭(かめのこやま)へ登り⾒えた富⼠⼭。そして富⼠吉⽥にある⾃身の守り本尊である「浅間神社」に向い手を合わせ、夫の武運⻑久を祈り、身につけていた「正観世⾳像」をこの丘に建立。村人たちはこの像を「富⼠浅間大菩薩」と呼び、永く尊崇。これが「多摩川浅間神社」のおこりとなっている。

TM & © TOHO CO., LTD.

⇒他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com