『いちごの唄』予告編・ポスタービジュアル|岡田惠和×峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語

【予告編・ポスタービジュアル】
『いちごの唄』

2019年7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

脚本家・岡田惠和と、銀杏BOYZ峯田和伸が紡いだ同名小説を映画化した『いちごの唄』が7月5日(金)より公開される。本作の予告編とポスタービジュアルが完成した。

主人公の二人を演じるのは、古舘佑太郎と石橋静河。共演に、宮本信子、和久井映見、光石研、さらに清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里が集結。監督は、岡田惠和脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」を手がけた菅原伸太郎で、友情と切ない恋の思い出を描く。

予告編は、主人公・コウタ(古舘佑太郎)が、たった一人の親友・伸二の命日である7月7日に、同級生の天野千日(石橋静河)と高円寺で偶然再会するシーンから始まる。彼女は、コウタと伸二が、“天の川の女神だから、あーちゃん”と呼んでいた、二人の憧れの女の子。コウタは千日に勇気を振り絞って提案する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また」。一年に一度、親友の命日である七夕に高円寺で再会し、環七通りを散歩する二人の楽しそうな姿。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を告白する…。

本編を彩る音楽は、銀杏BOYZの「漂流教室」「ぽあだむ」など恋と友情を歌う名曲たちのほか、主題歌は峯田和伸が本作のために書き下ろした「いちごの唄」で、予告編でも使用されている。

ポスタービジュアルには、赤い花が咲く野原に横たわるコウタと千日の二人の姿と、「全力で、恋した時間は、永遠なんだ。」というキャッチコピーが添えられている。二人の絶妙な距離感によって、年に一度、親友の命日でもある七夕にしか会えない二人の関係が表現されている。

ストーリー

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃、二人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。
次の年も、その次の年も二人は会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。
しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

公開情報

出演:
古舘佑太郎 石橋静河
和久井映見 光石研 清原果耶 小林喜日 大西利空
しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑光
蒔田彩珠 泉澤祐希 恒松祐里 吉村界人 岸井ゆきの
峯田和伸 宮本信子

監督:菅原伸太郎
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
脚本:岡田惠和
音楽:世武裕子・銀杏BOYZ 主題歌「いちごの唄」(歌:銀杏BOYZ)
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「いちごの唄」製作委員会
公式サイト:ichigonouta.com

他の記事も読む

関連記事

五月病!学校も会社も行きたくない!それでも世界は愛おしい!『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
こじらせアラサー女子必見!沢尻エリカ×吉沢亮『猫は抱くもの』予告編映像が解禁!
『九月の恋と出会うまで』高橋一生、”本のプロ”が選んだ恋愛小説1位を語る!
『生きてるだけで、愛。』極上の日本映画となった「5つ」の理由!
優れた原作&スタッフ&キャストの融合がもたらす秀作『きみの鳥はうたえる』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com