劇場版『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』前後編一挙上映が決定

女子中学校のトイレが舞台の異色作品『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』の劇場版が2015年8月22日(土)より東京・新宿ピカデリーにて1週間限定で前後編先行一挙上映されることが発表となった。

女子中学校のトイレが舞台の異色作

女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。

本作は、とある女子中学校のトイレ(のみ)を舞台に、女子中学生がくりひろげる配信連続ドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』に未公開エピソードを追加して再編集した作品。

メガホンをとるのは『凶悪』の白石和彌監督。バンドを夢見る主人公のトイレ清掃員・れんげ役を“神聖かまってちゃん”、“バンドじゃないもん!”のドラマー・みさこが演じる。みさこは本作が初主演作となる。

今回、東京・新宿ピカデリーで1週間限定での先行上映が決定、【前編:入る?】【後編:出る!】の一挙上映となっている。上映期間中は主演のみさこ、蒼波純、久間田琳加、吉田凜音、私立恵比寿中学の中山莉子ほか女子中学生キャスト、白石和彌監督などが連日登壇するトークショーが予定されている。

各日のチケットは劇場ウェブサイトにて2015年8月13日17時より販売開始。

新宿ピカデリーウェブサイト
http://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/

(C)2015女子トイレ清掃組合

関連リンク

女子中のトイレから誕生?!大森靖子プロデュースで期間限定アイドル結成
行動心理学者vs美しき残忍な女子校生―映画『罪の余白』予告解禁
可愛すぎるっ”忍ばず踊ってみた”女子高生の正体が判明!特別映像も公開!
女子高生殺害を巡る暴力の連鎖―キム・ギドグ監督最新作16年1月公開決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事