わずかな記憶と、Google Earthで“我が家”を探す旅『LION/ライオン』

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという実話を映画化する『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の日本公開が2017年4月に決定した。

失われた25年を取り戻す旅
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

LION/ライオン ~25年目のただいま~ メイン

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー(デヴ・パテル)。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――

LION/ライオン ~25年目のただいま~ ポスター

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は、インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという実話を映画化する作品。

主人公の青年サルーをデヴ・パテルが演じるほか、彼の恋人ルーシーをルーニー・マーラ、彼の育ての母をニコール・キッドマンらが演じる。製作は『英国王のスピーチ』のイアン・カニング、メガホンをとるのはガース・デイヴィス監督。

トロント国際映画祭2016では最高賞にあたる観客賞次点1位の高評価を獲得、第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞、助演男優賞、助演女優賞、作曲賞の計4部門にノミネートされるなど、世界的にも注目を集めている。

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は、2017年4月7日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー。

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

関連記事

エマ・ワトソンが美しく―実写版『美女と野獣』日本版予告到着!
最凶の敵はマイク・タイソン!『イップ・マン』シリーズ最新作、公開決定
世界最大級の人災を描く!映画『バーニング・オーシャン』公開決定
光学迷彩シーンも!ハリウッド版「攻殻機動隊」トレーラー映像解禁
千葉雄大「ドSなところがある」―映画『ReLIFE』出演が明らかに

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 阿刀ゼルダ
    • 廣田喜昭
    • オジンオズボーン・ 篠宮暁
    • 桜井
    • タクスズキ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo