5人の男たちの熱き眼差し…『日本のいちばん長い日』新ビジュアルが公開!

昭和史の大家・半藤一利の傑作ノンフィクションを『駆込み女駆出し男』の原田眞人監督が脚本・監督が映画化する『日本のいちばん長い日』の主要人物5人が描かれた新ビジュアルが公開された。

日本のいちばん長い日 原田眞人監督

日本の降伏が決定した8月14日正午から、国民に終戦を知らせた8月15日正午、その24時間の間に何が起きたのかを描いた作品。日本の歴史上最も重要な一日と、日本の平和への礎を築くために身をていした男たちの姿を追う。

主人公・阿南惟幾(あなみ・これちか)陸軍大臣を役所広司が、昭和天皇役を本木雅弘、時の内閣総理大臣・鈴木貫太郎を山﨑努、内閣書記官長・迫水久常を堤真一、皇居を襲撃するクーデターを計画し、陸軍同志とともに決起する畑中少佐を松坂桃李が演じる。

日本のいちばん長い日

公開された新ビジュアルでは、降伏か、本土決戦か―。」のコピーが添えられ、主要人物たちが強い眼差しで、それぞれ思い思いの方向を決意に満ちた表情で見つめたものとなっている。

映画『日本のいちばん長い日』は2015年8月8日より全国公開。

関連リンク

昭和天皇役の本木雅弘「違う!が怖い」、映画『日本のいちばん長い日』会見レポート
原田監督の熱いこだわりに触れた!『駆込み女と駆出し男』ティーチインレポ
沖縄戦の実情に迫るドキュメンタリー『沖縄 うずりんの雨』15年6月公開
沖縄・辺野古問題を描くドキュメンタリー『戦場ぬ止み』東京で先行上映決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事