松山ケンイチが落語を披露!映画『の・ようなもの のようなもの』予告解禁

故・森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後の世界を、森田作品ゆかりの豪華キャスト、スタッフにより完全オリジナルストーリーで映画化した『の・ようなもの のようなもの』の予告映像が解禁となった。

の・ようなもの

何者にもなりきれないものたちの、笑いと涙にあふれた物語

マジメすぎる落語家“のようなもの”出船亭志ん田(松山ケンイチ)。師匠の自宅に住み込み修行中だが、全然パッとしない。同居している師匠の娘、夕美に秘かな想いを寄せているが、いつもイジられっぱなし。ある日、志ん田は師匠から、昔この一門にいた兄弟子・志ん魚(伊藤克信)を一門会に復帰させるため探し出すように命じられる。しかし、ようやく見つけ出した志ん魚は、もう二度と落語はやらないと誓い、のんびりと暮らしていた。彼の心を動かすべく、師匠の命令で真逆の2人の共同生活が始まる――

本作のメガホンをとるのは、『の・ようなもの』以降、森田芳光作品を助監督として 支え続けた杉山泰一監督。

主演を、森田監督の遺作『僕達急行 A 列車で行こう』に出演した松山ケンイチ、ヒロインを『間宮兄弟』の北川景子が務め、『の・ようなもの』と同じ役で伊藤克信が登場。同作の尾藤イサオ、でんでんらも顔を揃えるほか、森田作品ゆかりの、野村宏伸、鈴木亮平、ピエール瀧、佐々木蔵之介、塚地武雅、宮川一朗太、鈴木京香、仲村トオル、笹野高史、内海桂子、三田佳子といった、豪華キャストが出演する。

公開となった予告編では、生真面目なばかりでさえない落語家・出船亭志ん田を演じる松山ケンイチが“落語”を披露する場面も収録されており、舞台となっている東京・谷中の下町情緒溢れる日常風景を垣間見ることができる。また、主題歌には35年前の『の・ようなもの』でも使用された尾藤イサオの『シー・ユー・アゲイン雰囲気』が採用され、再び森田芳光監督の世界に訪れたようなノスタルジックな雰囲気を作り出している。

映画『の・ようなもの のようなもの』は2016年1月16日(土)より、新宿ピカデリーほか新春ロードショー。

(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

関連記事

『の・ようなもの のようなもの』豪華キャスト&ポスター解禁!
乃木坂46が落語家を演じる『じょしらく』千秋楽のライブビューイングが決定!
一体これは映画か否か⁉ 『内村さま~ず THE MOVIE エンジェル』
『舞台 ギャグマンガ日和』ライブビューイングで舞台版パンフレット販売

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com