「実は元アイドル役がすごく多い」と内田慈。『ピンカートンに会いにいく』完成披露レポ

1月10日(水)、東京・汐留SFホールにて、1月20日(土)公開の映画『ピンカートンに会いにいく』の完成披露試写会が開催。そのレポートが到着した。

このニュースのポイント

・映画『ピンカートンに会いにいく』の完成披露試写会が開催された
・キャスト、監督が登壇し、ライブを披露した感想や作品にまつわるトークを思い思いに語った

『ピンカートンに会いにいく』についての記事を読む

『ピンカートンに会いにいく』の完成披露試写会では、“伝説の5人組アイドル=ピンカートン”の再結成時を演じた女性主演陣5人(内田慈/松本若菜/山田真歩/水野小論/岩野未知)が主題歌「Revolution now」(作詞/作曲 池永正二)をライブで披露。

一度聴いたら誰もが魅了され、口ずさんでしまうキャッチーな主題歌のメロディーに加え、POPでキワドイ?ステージ衣装にも大歓声が上がったステージ。まさに、作品キャッチ“もう一度アイドルやっちゃう!”通りの熱い盛り上がりを見せた。

『ピンカートンに会いにいく』完成披露試写会登壇者コメント

劇中衣装でダンスと共に主題歌を披露後

内田慈「この曲で紅白出場狙ってます(笑)。今日はご来場頂きありがとうございます。ライブの時、若菜ちゃん(松本さん)にマイクが当たってしまって、マイク壊れてしまったと思ったのですが、大丈夫だったみたいで良かったです」

松本若菜「このサプライズ演出(ライブ披露)の為に、年末3日かけて練習しました。でも少し失敗してしまって…悔しいです!」

山田真歩「新年早々、沢山のお客様にご来場頂きありがとうございます。ライブ、練習した甲斐がありました!」

水野小論「ライブを盛り上げて下さった今日の皆さんは、私にとって心に残るお客様です。ありがとうございます」

岩野未知「私は役者なので、人前で歌と踊りを披露するのは初めてで緊張しました(笑)。でも楽しかったです」

田村健太郎「再結成ライブ、見たい見たいと思って今日駆けつけましたが、トイレに行っていたら終わってしまっていて(笑)、最後のイントロだけ聞こえました。ほんとに、再結成ライブやったんすね!」(MCに『田村さん、大変なもの見逃しましたね!』と突っ込まれ、場内笑)

★作品の設定のように、20年振りにもう一度会ってみたい人やもう一度してみたいこと(10秒でというMCからのフリで)

内田「20年前の自分に勉強しろ!と言いたい」

松本「正月、箱根駅伝等を見ていてチームの良さを感じていたので、やっぱり今日の再結成が本当に楽しかったです!」

山田「ないです。(場内笑)でも、色んなことを教えてくれたおばあちゃんにはもう一度会いたいです」

水野「保育園、小学校と一緒だった、不思議なキャラクターのうららちゃん」

岩野「携帯、SNSが無い時代、電話は公衆電話、そんな時代の恋愛がしたいです(笑)」

田村「小学校の同級生、松本君!」

小川あん「幼稚園で好きだった男の子です。今、どんな感じになっているのかなと(笑)」

岡本夏美「小学校時代に所属していた合唱部で賞を取った瞬間をもう一度!」

柴田杏花「バク転が出来ていた頃の自分。もう一度回ってみたいです!」

芋生悠「10年空手をやっていたのですが、途中で辞めてしまって。あの時の自分に戻ってもう一度空手をですね!」

鈴木まはな「中学の時のスキー教室で、自分は結構出来るなと感じて(笑)。スキーをしている自分ですね」

坂下雄一郎監督「もっと運動しておけば良かったなと(笑)。最近、身体が痛いので」(場内笑)

★作品で演じた役どころ/完成披露を迎えた作品への想いについて

内田「実は元アイドル役がすごく多いんです、こう見えて(笑)。多分、5~6作。ちょっと旬を過ぎた感じがそのキャスティングの理由かと(笑)。ただ、今まではひとりで元アイドル役でしたが、今回は仲間がいて心強かったです。

この作品については、想いが溢れ過ぎるくらい沢山あって…。チラシのイメージで、”コメディですか?”と聞かれることが多いのですが、“コメディ”とは言いたくない自分がいて、崖っぷち感や色んな事が上手く行かない時の気持ちは老若男女、共通と思うので、そこを共有して楽しんで頂ければうれしいです」

松本「思い描いていたアイドル像とはちょっと違って、自分は年齢を重ねた等身大の元アイドルという気持ちで演じました。むしろ若手時代のピンカートン・メンバーの掛け合いがリアルで(他のアイドルの悪口とか)、こんなアイドルほんとにいたら怖いなと(笑)。

ウィットに富んでかつ辛口なユーモアに溢れた坂下監督のこの作品、世界観が大好きです! 感情移入できるキャラクターが必ずいると思うので、そこも楽しんで頂ければ嬉しいです。胸を張って世に送り出せる作品になりました」

山田「アイドルを演じたのは初めて、多分、確か、忘れていなければ(笑)。グループ=チームの強みで、ひとりだと死ぬほど恥ずかしいことも、今日のようにグループだと、出来る。アイドルっていいなと感じました。

アイドルは沢山いますが、35歳を過ぎても、自分がアイドルだと思ったら、アイドル!と言ってよいと思います。何かに躊躇している人、迷っている人がいたら、この作品を想い出して、一歩踏み出してみて下さい。今日が今年初仕事でしたが、いいスタートが切れました。ありがとうございます!」

水野「一年半ぶりに主題歌に合わせて踊ってみて、泣きそうになった自分がいたことに驚きました。再結成に感動してます」

岩野「恋愛をするなら、携帯やSNSがない時代の恋愛をしたいと思いますが、今はSNSや携帯がありますので、皆さん、この作品の
楽しさを是非そういったSNS等で広めて下さい(笑)!」

小川「私たちも踊りたかったです(笑)。撮影中、覚えているのは、監督の表情が変化しないこと。何とか笑わそうと皆でするんですが、なかなか
表情が変わらず…(笑)。でも、OKの時は表情が朗らかになられるんですよね。皆で楽しく作り上げた作品、何度も見て頂けたらうれしいです」

岡本「あんちゃん(小川さん)が言っていた通り、監督は演出の説明の時も御声が小さく(笑)。でも、楽しい撮影、想い出です。私たちは、(他のアイドルとかの)悪口を言うシーンが多かったので、撮影時は“顔がコワい”と言われました(笑)。マネージャーの悪口を言うシーンがあるんですが、実のマネージャーが“こうやってほんとに自分のこととか悪口言ってるんだろうな”と言ってました(笑)。この作品のこと、SNS等で、皆さんにも広めて頂ければうれしいです」

柴田「久々にピンカートンの曲を聞いて、テンションが上がりました! 子役時代のピンカートンを演じましたが、メンバー5人の一員になれて
幸せでした」

芋生「撮影当時、日焼けしていて、大人役の水野さんと肌の色が全然違っていて(笑)、上手く繋がるかなと心配でしたが、作品を見ると過去と現在が各キャラクターしっかり繋がっていて良かったです」

鈴木「私は文句文句の役でしたが、作品を見て大人になった20年後(再結成時)も同じキャラクターなのを見て安心しました」

田村「沢山の女優さん達との共演、とにかく楽しかったです! 女性の皆さんが、とにかく優しくて(笑)。僕が演じたのは、伝説のアイドル・ピンカートンへの20年の愛が詰まった役だったので、メンバーの皆さんに会うのをいつも楽しみに、撮影に臨みました。テンポの良さで、アッという間に終わるように感じる作品ですが、家路につく際、ふと登場したキャラクターの誰かを想い出す、そんな作品です。今日、ご覧になった皆さんにも、そんな風に今夜、作品のことを想い出して頂けたらうれしいです!」

坂下監督「元々は原作物を撮るはずが、その話が無くなり、撮影開始まで時間が無いなか、“アイドル再結成”という設定のみA4一枚位に何とか捻り出すことからスタートした作品です。自分は、特に好きなアイドルはいなかったのですが(笑)。みんなで頑張ったこの作品を遂にお披露目出来て、うれしいです」

映画『ピンカートンに会いにいく』は、1月20日(土)公開。

(C)松竹ブロードキャスティング

『ピンカートンに会いにいく』についての記事を読む

関連記事

池永正二書き下ろしのレア曲!『ピンカートンに会いにいく』劇中歌フルコーラス&歌詞を解禁
崖っぷちアラフォーのアイドル映画?『ピンカートンに会いにいく』本予告&場面写真先行解禁
痛おもしろい!!こじらせ“アラフォー”女子が主役の『ピンカートンに会いにいく』公開日決定
”うなぎ屋の看板娘”から”透明な女優へ”―松本若菜 独占インタビュー
ドラマ「コウノドリ」、涙なしには見れないその魅力に迫る

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com