『スノー・ロワイヤル』新予告編|最強の父親が帰ってきた― 『9○時間/リベ○ジ』風

【予告編】
『スノー・ロワイヤル』

6月7日(金)より、全国ロードショー

リーアム・ニーソン主演最新作 『スノー・ロワイヤル』より、リーアムの代表作『9○時間/リベ○ジ』風の新予告編が到着した。

元CIA秘密工作員の父親が誘拐された愛娘を助けるため、犯罪組織に単身で戦いを挑むサスペンスアクション『96時間』シリーズ。 第1作目が大ヒットを記録、その後シリーズ3作まで続き主人公を演じたリーアム・ニーソンはアクション俳優としての地位を確立した。

以降、元〝●●“という鉄板の最強親父の復讐劇を演じ続けたリーアムは本作では<何者でもない>姿で一市民として新境地を拓いているのだが、たとえ模範市民賞を受け取る人間だとしても隠しきれない≪いつものリーアム像≫が透けて見えてしまう、 映画の枠を超えた期待感が高まる新予告編となっている。

構成からナレーション、そしてナレーターの人選までほぼ『9○時間/リベ○ジ』風に仕上げられた新予告は、スピード感がありつつもひと味異なる魅力を放っている。唯一異なるのは、『9○時間』は娘を誘拐されるが、本作はいつもとは逆で敵の息子をリーアムが誘拐している部分。

「俺の除雪車を傷つけるな(???)」「俺の家族に近づくな」「邪魔するならば容赦はしない」熱い父親のたぎりをぜひ本家と見比べて チェックしてほしい。

ストーリー

雪の町キーホーで模範市民賞を受賞するほどの真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン。ある日、一人息子が麻薬の過剰摂取に偽装されて地元の麻 薬王バイキングの組織に殺されてしまう。裏で組織が糸を引いていることに気付いたネルズは、ある時は素手で、ある時は銃で、ある時は除雪車で、一人また一人と敵を殺していく。しかし、敵対するネイティブアメリカン麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングはネイティブ組織を襲撃。相手もその報復に出る。静かな田舎町で起きた久々の事件に、地元警察はテンション上がりっぱなし。ネルズの戦いは、全く思いもよらない方向へと進んでいくのだった…。

公開情報

『スノー・ロワイヤル』
6月7日(金)より、全国ロードショー
監督:ハンス・ペテル・モランド(『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』)
出演:リーアム・ニーソン、ローラ・ダーン、トム・ベイトマン、エミー・ロッサム、ジュリア・ジョーンズ、ウィリアム・フォーサイス
原案:『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』 原題:Cold Pursuit 2019 年/アメリカ映画/シネスコ/119 分/PG12/snowroyale.jp
© 2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.
配給:KADOKAWA

他の記事も読む

関連記事

『スノー・ロワイヤル』が“黒い笑い”に溢れている「8つ」の理由!
『スノー・ロワイヤル』ポスタービジュアル|リーアム・ニーソンの新たな復讐劇に注目!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com