キスの相手は門脇麦!山﨑賢人主演ドラマ「トドメの接吻(キス)」追加キャスト解禁

山﨑賢人主演、2018年1月期の日テレ系ドラマ「トドメの接吻(キス)」に門脇麦が出演することが解禁された。

このニュースのポイント

・山﨑賢人主演ドラマ「トドメの接吻(キス)」に門脇麦が出演
・門脇麦は、山﨑賢人演じる堂島旺太郎をキスで殺す女を演じる
・門脇麦のキスリレー写真が解禁

門脇麦についての記事を読む

山﨑賢人が演じる堂島旺太郎は、気配り上手なナンバーワンホスト。しかし、裏の顔はカネと権力だけを追い求める“クズ男”で、12年前、ある事件をきっかけに誰も愛そうとはしなくなった。

そんな旺太郎の前に現れた“キスで殺す女”を門脇麦が演じる。

「アナタ、死ぬ」

その女はクリスマスイブの夜に、サンタクロースの恰好をして現れる。巷では「嫉妬に狂った女が自分の唇に毒を塗ってキスで殺した」という事件が勃発し…。逃げる旺太郎をどこまでも追いかけてくる。

また、門脇麦のキスリレーの相手は、来週木曜に解禁となる。

門脇麦コメント

久しぶりの山崎さんとの共演、他のキャストの方々も素敵な方ばかりだし、監督はじめスタッフの皆さまの作品への士気の高さ、今からわくわくが止まりません。

今回はオリジナルストーリーなので、私も先の展開が見えないですし、視聴者の皆さまと一緒にドキドキしながら撮影を楽しみたいと思います。素敵な作品を届けられるよう精一杯頑張ります。

番組プロデューサー・鈴木亜希乃コメント(第2弾)

「キスで殺す女」は、おそらく連ドラ史上初めてのヒロインではないかと思います。

ただ可愛いだけじゃない、ミステリアスで、恐ろしさも表現できる…そんな女性は滅多にいません。それがまさに、門脇さんです。

まだ誰も見たことがない新たなヒロイン像を作り上げてくださることを、今から心より楽しみにしています。

「トドメの接吻(キス)」イントロダクション

「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ――カネと権力だ」

愛が歪んだ“クズ”な主人公・堂島旺太郎。顔は良いが“カネの切れ目が縁の切れ目”で女を弄ぶナンバーワンホスト。

過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う、孤高の男…。

彼の前に現れたとある社長令嬢――それは日本企業のトップ、個人資産100億とも言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。

彼女は旺太郎にとって人生で最高の理想の女。

「今度のターゲットはこの女だ」 彼の毒牙が、彼女に迫る…。

が、そんな彼の前に“ある女”が現れる。 青白い顔に、真っ赤な唇…。

彼女が彼に贈ったものは――“死の接吻”。 女のキスで突如起こる、呼吸困難! 身体痙攣! 異常な動悸!その果てに――彼は、死んだ。しかし次の瞬間、彼は見覚えのある7日前の景色の中、意識を取り戻す。

繰り返される出来事、場面、会話、これはもしや――俺は、同じ時間を繰り返している…?

謎の“キス女”によって、何度も“死”と“時間”を繰り返す旺太郎。

何故、俺は殺されるのか―――? キス女の正体は―――? “死のループ”の謎を追い、カネと権力を追い求め、ノンストップで物語が加速する“邪道ラブストーリー”が幕を開ける!

関連記事

“クズ男役”で連ドラ初主演の山﨑賢人コメント到着!キスの相手は一体誰…!?
「世界は今日から君のもの」尾崎将也監督インタビュー・前編
「門脇麦さん演じる真実は、自分自身とフィクションが混在」
「世界は今日から君のもの」尾崎将也監督インタビュー・後編
「自分を肯定してしまえば、世の中に悪い人なんていません」

「世界は今日から君のもの」あらゆるクリエイターと、クリエイターを目指す人たちに、ぜひ見てもらいたい秀作。
実は、神木隆之介くん版「テラ・フォーマーズ」だった、話題の映画「太陽」!人間にとっての真の幸福とは何か?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com