キンプリ永瀬『うちの執事が言うことには』特報映像初解禁!

 ©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 

人気ミステリー小説「うちの執事が言うことには」が、待望の実写映画化、2019年5月17日(金)より全国公開となる。この度、映画初主演となる永瀬廉(King & Prince)本人がナレーションを務める、本作の特報映像が解禁された。

大人気原作小説でも伝説的なシーンで、永瀬演じる烏丸家第27代当主となる主人公・花穎と、清原演じる仏頂面の新米執事・衣更月の出会いから始まる。不本意ながら主従関係を結ぶ羽目になった2人の「烏丸家のご当主として・・・」「僕に、指図をするな!」と、気が合わず、一触即発な状況が映し出される。

さらには、芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーに招待され、ある事件に巻き込まれる花穎。人並外れて優れている、“色彩感知能力”がこの事件解決の鍵を握るのかー?さらには、神宮寺勇太演じる現役大学生ながら起業家・赤目刻弥も登場。

「はじめまして、花穎。」と初対面のはずなのにどこか親しげで・・・。「誰かが烏丸家を陥れようとしている気がするー」これから、烏丸家に降りかかる最大の危機を暗示させる言葉で締められ、遂に動き出した個性豊かなキャラクターたち、そして今後のストーリー展開に期待高まる映像に仕上がっている。

ストーリー

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。

まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com