乃木坂46 能條愛未、2016年を振り返る

能條愛未 1231161222-001

乃木坂週刊映画も2016年最後となりました。大晦日ということで能條愛未さんに2016年を様々な角度から振り返って頂きました。

前回までの記事

乃木坂46 能條愛未、映画『溺れるナイフ』の惹かれ合う二人を語る

圧巻!!乃木坂46 3期生お見立て会へ潜入&詳細レポート!!

乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』で思わず涙したシーンとは?

乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』の人物たちを語る2

乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』の人物たちを語る1

先日の「乃木坂46 Merry Xmas Show 2016」について

12月6日から9日まで日本武道館で開催された「乃木坂46 Merry Xmas Show 2016」。

そのうち7日と9日のアンダー単独公演へ出演させて頂きました。今回の16人でのライブは初めてです。

初の選抜単独公演の方は注目はされるだろうと思ったので、だからこそアンダーもちゃんと見せていかなければいけないなと思いました。

今回は二期生の寺田蘭世が初めてセンターに立ったライブでした。本人には不安があったと思うので、一期生の私たちが支えなくちゃと思いました。メンバー同士でコミュニケーションをうまく取りながら、結果的には良いものがお届けできたのかなと思います。

7日のライブでは“気づいたら片想い”をセンターで歌わせて頂きました。バラード曲なのでとにかく歌をちゃんとしないとと思いボーカルレッスンもしっかりと行いました。

私は普段そこまで緊張しないタイプなのですが、今回はとても緊張してしまいました。それ故に「うまく歌えたかな…」と不安も残るパフォーマンスでしたが、ファンの方々はとても優しくて「大丈夫だよ!」「良かったよ!」と声をかけてくれてとても嬉しかったです。

9日のライブでの思い出はやはり乃木團。楽器演奏のメンバーたちは何日も練習を重ねていて、当日のパフォーマンスに繋がりました。私はボーカルなので、そんな楽器演奏のメンバーたちに驚かされ、またその一員であることの喜びを今まで以上に感じることができました。

能條愛未 1231161222-007

アンダーライブと舞台の同時進行

今年はアンダーライブで全国を回ることもできました。アンダーライブの時期は舞台も同時に進行していました。

それ故に大変なスケジュールの時もありましたが、やっている時は「どうしよう」と混乱することは一切なく、楽しみながらお仕事をさせて頂いた感じでした。

ライブならライブ、舞台なら舞台、という集中も良いですが、同時進行だとそれら全てをやり遂げられた時の達成感はかなり大きいなと感じました。今年はその達成感を例年以上に味わえた年でした。

能條愛未 1231161222-008

真夏の全国ツアー2016

“真夏の全国ツアー2016”の最中は舞台もなかったため、こちらはひたすらライブに集中して楽しむことができました。

全国を回って思ったことは各都市で雰囲気が全く異なるということ。盛り上がり方や歓声などが都市によって全然異なりつつも、どこの都市でもファンの方々から声援を頂けたり笑顔になって頂けてとても嬉しかったです。

全国ツアーのラストは神宮球場。昨年も雨で今年も雨。絶対メンバーの中に雨女がいると思うんです。私じゃないですよ(笑)

雨に関しては正直慣れていてあの状況を結構楽しんでいます。化粧が崩れたり、髪が濡れてしまったりという点では難がありますが、夏の雨は爽快感があって気持ち良いんです。

雨が降ったことも含めて良い思い出となった全国ツアーでした。

能條愛未 1231161222-011

NOGIBINGO(&妄想カメラマン)

テレビ番組の“NOGIBINGO”では毎回おもしろいことに挑戦させて頂けるので本当に楽しいです。

先日の放送回でもラップに挑戦させて頂いてファンの方々に喜んで頂けたようです。ラップを何度か披露しているせいか、“特技=ラップ”みたいになってきているのは困惑しています(笑)とは言っても、ここまで言ってもらえるならもっとうまく出来るように頑張っていきたいなとも思います。

先日放送された回でのラップはフラッシュモブみたいにやりたいとスタッフさんが提案してくださってあのような形になりました。

ファンの方も思っているかもしれませんが、NOGIBINGOでは“妄想カメラマン”こと加美山カメラマンの存在が欠かせなくなってきています。(先日のラップにも参加してくださいました)

加美山カメラマンの凄いところは、カメラマンさんなのに誰よりもバラエティを理解していること。ここぞとうところでしっかり笑いを取ってくれるのです。タレントさんじゃないのかなとたまに思うほどです(笑)

ああやって今までにない形での盛り上がりを作れるようになってきてメンバーみんなが加美山カメラマンに感謝していて、大好きなんです。

きっと次の“NOGIBINGO”でも活躍してくれるでしょうね(笑)

能條愛未 1231161222-035

まとめ

様々なライブ、シングル曲(新曲)、舞台、そしてテレビと様々な挑戦をさせて頂けた2016年でした。

その中でも三つ立たせて頂いた舞台はやはり大好きだなと改めて思いました。来年も舞台が決まっているので、また結果を残せるようにしていきたいです。

ライブやテレビでも今まで以上に存在感を残せるように頑張っていきます。

これからも応援よろしくお願いします!

能條愛未 1231161222-028

これにて2016年の「乃木坂週間映画」は終了となります。2017年はより面白く魅力的なコンテンツをお届けしていければと思います。

乃木坂46のファンの方、能條愛未さんのファンの方だけでなく、まだ乃木坂46や能條愛未さんを詳しく知らない方へも映画のメディアである特性を活かして魅力をお伝えして参ります。

2017年もどうぞよろしくお願い致します。

(取材・構成:シネマズ編集部/撮影:MAKOTO TSURUTA

能條愛未 プロフィール(Ami Noujo Profile)

能條愛未 公式写真
能條愛未
1994年10月18日 神奈川県生まれ 血液型 A型
乃木坂46 一期生メンバー

月に10本は必ず見るというほどの映画好き。
映画、舞台と女優としての活動の場をひろげるほか、バラエティーでも持ち前のセンスで活躍中。

関連記事

乃木坂46 能條愛未、映画『溺れるナイフ』の惹かれ合う二人を語る
圧巻!!乃木坂46 3期生お見立て会へ潜入&詳細レポート!!
乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』で思わず涙したシーンとは?
乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』の人物たちを語る2
乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』の人物たちを語る1

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.9 株式会社ビック・ママ 守井嘉朗社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 92aki
    • はな
    • 村松健太郎
    • 葦見川和哉
    • kaiya
    • 大川竜弥

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo