乃木坂46 能條愛未、主演ミュージカル「少女革命ウテナ」を語るVol.1

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

今週の乃木坂週刊映画は、2018年最初!ということで、3月8日より上演されるミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」についての第1弾。今こうして主演の舞台が決定した今の心境について率直に語って頂きました。

■前回までの記事

乃木坂46 能條愛未、2017年、そして“これから”を語る

乃木坂46 能條愛未、衝撃展開の映画『ルームメイト』を語る!

乃木坂46 能條愛未、映画『バクマン。』を語る!

乃木坂46 能條愛未、東京ドーム公演とアンダーライブを語る!

乃木坂46 能條愛未、名作『レオン』を語る!

→それ以前の記事はこちらから

■「今まで応援してくださったみなさんへ、少しは恩返しが」

昨年も複数の舞台に出演させて頂いてまた少し成長できた年でした。同時に課題や悩みも新たに見つかる一年でもありました。

これからも舞台のお仕事はしていきたいなと思っていた中で、今回のお話をいただきました。

新しく舞台のお仕事が決まったということだけでも凄く嬉しかったですが、座長を務めさせていただくこととなり、その喜びは今まで以上でした。

座長という立場は今までとは全く異なる責任を伴う立場で緊張もしますが、望んでいた一つの目標であった立場なので私らしくしっかりと演じきりたいと思います。

決闘シーンなど本格的なアクションをするのは初めてなのですが、今までと違った役を演じてみたい、新たなチャレンジをしたいと常々公言してきたので、それが今回もできるということで緊張しながらもワクワクしています。

ファンの方から「また舞台のお仕事決まるといいね」などエールを頂いていた中で、座長という立場のお仕事が決まったことを報告できることになりました。

まだ演じるのはこれからです。しっかりと演じて、みなさんに楽しんで頂いて、舞台を成功させることが出来たら、今まで応援してくださったみなさんへ、少しは恩返しが出来るのかなと思います。必ず成功させます!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

■「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」とは?

「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」はテレビアニメ「少女革命ウテナ」を原作としたミュージカル。男装の少女・ウテナが「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会い“世界を革命する力”を手に入れるための闘いに巻き込まれていく姿が描かれる。

http://musical-utena.com/

公演期間
2018年3月8日(木)~18日(日)(全16公演)

会場
=CBGKシブゲキ!!

料金
=全席指定(プレミアムシート9,500円/一般席7,800円)

チケット販売
ローチケ プレリクエスト抽選先行
2018年1月13日(土) 12:00 ~ 1月21日(日) 23:59
http://l-tike.com/play/mevent/?mid=323938

一般発売(ローチケ)
2018年2月3日(土)12:00~
http://musical-utena.com/

スタッフ
原作:ビーパパス
スーパーバイザー:幾原邦彦
脚本・演出:吉谷光太郎
企画・製作:エグジットチューンズ/ポニーキャニオン
制作:ポリゴンマジック
主催:ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会

キャスト
天上ウテナ/能條愛未(乃木坂46)
姫宮アンシー/山内優花
西園寺莢一/横井翔二郎
有栖川樹璃/立道梨緒奈
薫幹/大崎捺希
桐生七実/鈴木亜里紗
篠原若葉/竹内夢
影絵少女A子/熊田愛里
影絵少女B子/NENE
冬芽・幼少期/池田謙信
西園寺・幼少期/山内涼平

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

■編集長コメント

今回のお話をして頂いたのは12月上旬でまだ情報が未解禁のタイミングでした。まだ細かな役柄や見どころなどについては今回伺いませんでしたが、初の座長かつ新境地となるアクションのお芝居を前に非常にワクワクしているようでした。

同時にプレッシャーももちろんあるようですが、そのプレッシャーもモチベーションに変えて、必ず成功させてファンのみなさんへ少しでも恩返しをしていくんだと意気込んでおられました。

舞台の開始まで2ヶ月を切りました。少しずつ稽古も忙しくなっていくと思いますが、その過程でより詳しく本作についてのお話を今後また伺いたいと思います。

次回の「乃木坂週刊映画」は映画のお話に戻ります。

どうぞお楽しみに。

(取材・構成:柳下修平/撮影:HITOMI KAMATA

能條愛未 プロフィール(Ami Noujo Profile)

能條愛未
1994年10月18日 神奈川県生まれ 血液型 A型
乃木坂46 一期生メンバー

月に10本は必ず見るというほどの映画好き。
映画、舞台と女優としての活動の場をひろげるほか、バラエティーでも持ち前のセンスで活躍中。

■「乃木坂週刊映画」をもっと読みたい方は、こちら

関連記事

乃木坂46 能條愛未、2017年、そして“これから”を語る
乃木坂46 能條愛未、衝撃展開の映画『ルームメイト』を語る!
乃木坂46 能條愛未、映画『バクマン。』を語る!
乃木坂46 能條愛未、東京ドーム公演とアンダーライブを語る!
乃木坂46 能條愛未、名作『レオン』を語る!

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com