乃木坂46 能條愛未 「美少女戦士セーラームーン」舞台への意気込みを語る!

■「乃木坂週刊映画」

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

今週の「乃木坂週刊映画」は、2018年6月8日(金)より公演される「乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」」について。Team MOONのセーラージュピター/木野まこととして出演される能條さん。公演まで1週間を切った、今の意気込みを伺いました。

※撮影協力:王様とストロベリー、注文商品は「キングパフェ」

■前回までの記事

乃木坂46 能條愛未、二階堂ふみの年齢差演技に感嘆する

乃木坂46 能條愛未、映画『ヘルタースケルター』の感想「美しい人が怒り狂うほど恐ろしいものはない」

乃木坂46 能條愛未、映画『チャーリーとチョコレート工場』を楽しむ

乃木坂46 能條愛未、映画『ゴーン・ガール』を見て“恐れおののく”

乃木坂46 能條愛未、主演ミュージカル「少女革命ウテナ」を振り返る:質問回答編

それ以前の記事はこちらから

しっかりと完成に向けて進んでいます。

間もなく公演まで1週間(インタビュー時)ということで、全体の動きは既に出来上がってきています。ここからは細かい部分のブラッシュアップであったり、それぞれが足りないと思うところを補ったりという作業を積み重ねていくことになります。

今回は2チーム制ということで、演目が同じでありながらそれぞれのチームで異なる魅力があります。雰囲気や演じ方など、それぞれ異なり、全体を通しての感じ方は全く異なると思います。

片方のみご覧になられる予定の方は、是非両方見て比べてみるという楽しさも味わってほしいなって思いますね。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

それぞれのキャラクターの魅力が輝く

今回のミュージカルは第1幕と第2幕があるのですが、第1幕は非常にわかりやすく順番に戦士たちが登場します。それぞれの登場シーンがとても鮮やかで、非常に目立つものとなっており、第1の見どころとなります。

全体で見ても、変身のシーンだったり、ミュージカルのシーンだったり、非常に華やかに作られています。それぞれにスポットライトも当たりますし、ダンスもあったり、戦うシーンもあります。今の時代のテクノロジーも駆使して「ザ・ショー」と呼べる新鮮な驚きもあります。

また、その華やかさの中で演技の繊細さや、ストーリーの面白さなどもあり、見応え充分と自信を持って言うことができます。

「セーラームーン」に全く触れたことない方でも問題なく理解できますので、一人でも多くの方に楽しんで頂きたいなと思っています。

小さい頃の憧れを演じられるのは感動

「セーラームーン」は小さい頃から触れてきました。もう本当に大好きで、私に限らず女の子は誰しも通る作品ではないかと思います。

私の場合は、「セーラームーン」のミュージカルを見て芸能界に入りたいと思ったのです。つまり芸能界入りの”きっかけ”でもあるのです。大人になって自分がそれに出演できるとなって、感動です。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

チームみんなで仲良く!

今回、Team MOONの5戦士は、私以外に山下美月、伊藤理々杏、高山一実、樋口日奈の4名です。

私自身、決してベテランというわけではありませんが、舞台の経験が少しはあるので、同じく舞台の経験がある樋口日奈ちゃんと一緒に他の3人の悩みなどを聞きながら、良いチームが作れていると思います。

コミュニケーションが密に取れていて、悩みの解決だったり、より良いものにするためのディスカッションだったりを日々しています。

「台詞が出てこなくなったらどうしよう」とか、「滑舌大丈夫かな」とか、不安な部分はまだまだあるようですが、準備を完璧にしたら後は精神面の問題なので、少しでもプレッシャーが軽減されるように力になれたらなと思います。

私自身は、今回メンバーのみんなと一緒に演じられるということで緊張はしてないです。非常に楽しみです!

変身のシーンはとにかく期待してください!

見どころはたくさんあるのですが、強いて言えばやはり変身のシーンです。

とにかく変身のシーンは凄いです!

期待して頂いて良いと思いますが、長いシーンではないので、是非集中してその瞬間を待って頂ければと思います。

舞台を見に来られる方、是非楽しみに待っていてください!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

次回の「乃木坂週刊映画」では、ファンのみなさまからの質問に答えて頂きます。どうぞお楽しみに!

(取材・構成:柳下修平/撮影:MAKOTO TSURUTA

公演情報

□乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

□公演期間
2018/6/8(金) ~ 2018/9/30(日)

□会場
TBS赤坂ACTシアター (東京都)、天王洲 銀河劇場 (東京都)

□公式Webサイト
http://sailormoon-official.com/stage/nogizaka/

関連記事

乃木坂46 能條愛未、二階堂ふみの年齢差演技に感嘆する
乃木坂46 能條愛未、映画『ヘルタースケルター』の感想「美しい人が怒り狂うほど恐ろしいものはない」
乃木坂46 能條愛未、映画『ゴーン・ガール』を見て“恐れおののく”
乃木坂46 能條愛未、主演ミュージカル「少女革命ウテナ」を振り返る:質問回答編
乃木坂46 能條愛未、主演ミュージカル「少女革命ウテナ」を振り返る


    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com