映画『3月のライオン』3姉妹がひなまつり!新海誠監督の愛娘に気になる質問も…


左から、清原果耶、新津ちせ、倉科カナ(敬称略)

3月1日(水)、神木隆之介主演映画『3月のライオン』の「ひなまつりイベント」が東京・南青山のAoyama Kitchenで開催された。これは、主人公・零(神木隆之介)の心の拠りどころとなる、川本家3姉妹にちなんだもの。

イベントには3姉妹を演じた、あかり役・倉科カナさん、ひなた役・清原果耶さん、モモ役・新津ちせさんが登場し、零とひなたをモチーフした「ひな人形」の手まり寿司作りに挑戦!

倉科さんが主にお内裏様を担当。写経が趣味で手先が器用というだけあって、細かい作業も得意の様子。黙々と、薄切りキュウリや薄焼き卵を着物に見立てたり、ゆで卵とノリで顔を作ったり、順調に進めていきます。

一方、おひなさまを担当した清原さん、新津さんは、薄い卵焼きのデコレーションに苦戦。新津さんが「こっちは大パニックが起こっています!料理は個性!」と大人びた実況で場を盛り上げる一幕も。

そんな新津さんは、映画『君の名は。』で知られる新海誠監督の娘さん。「お父さんは映画について何て言っていたの?」という司会からの質問に、「やっぱり聞かれた~」と不満げ。

「零ちゃんはすごかったって言ってた~。モモちゃんも可愛かったって言ってくれた」と答えるも「やっぱ聞かれた~。パパになんて言おうかな~。聞かないでって言ったのに~」と可愛いクレームも飛び出します。

大人顔負けの姿ものぞかせた新津さんですが、東京国際フォーラムで行われた完成披露試写会では、緊張で足が震えていたそう。その話を聞いて、「全然わからなかった。すごく笑っていたよ」と倉科さんも驚いた様子でした。

特製手まり寿司のポイントは、将棋の駒に見立てた卵焼き。これを最後に飾り付けて、無事、川本家のひな人形が完成!

倉科さんの作ったお内裏様には「100点!」と太鼓判を押した新津さんですが、清原さんとの共作のおひなさまには「80点!卵が破れたりしたから20点引いたの」とシビアな採点を。

それを聞いた清原さんは「え~!」とがっかり。それでも3人揃って試食した手まり寿司は絶品だったようで、「すごく美味しい!」と笑顔でイベントを締めくくりました。

映画『3月のライオン』は、【前編】3月18日(土)、【後編】4月22日(土)の2部作連続公開です。

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

関連記事

「3月のライオン」実写版映画が心配でたまらないあなたに、今語ることが出来るいくつかの事柄。
神木隆之介&高橋一生、共演場面が到着!映画『3月のライオン』
原作ファンも納得?!映画『3月のライオン』キャラクター写真一挙到着

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com