『あゝ、荒野』 菅田将暉の濡れ場に興奮し、魂を削り取るような拳闘に圧倒されろ!

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

映画『あゝ、荒野』の前篇が10月7日、後篇が10月21日に、2部作連続で公開されます。

本作は上映時間が合計で305分になるという大作。しかしその時間をあっという間に感じられる面白さに満ち満ちており、スタッフと役者たちのとてつもない熱量に溢れた傑作でした!ネタバレのない範囲で、その魅力を以下に紹介します!

1:R15+指定ギリギリの過激さ!菅田将暉のお尻と肉体美に惚れろ!

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

本作の大きな目玉と言えば、実力も人気も日本で最高峰の俳優・菅田将暉の主演作であること。間違いなく言えることは、彼のファンであれば、絶対に、絶対に、映画館で観なければならない!ということです。

菅田将暉の魅力がどこにあるのか? ということには様々な意見があるとは思いますが、個人的にはとてつもない美青年であることと、良い意味で“狂犬”のような粗暴さがあることは外せません。

本作での役は、そんな菅田将暉が超フルスロットル! 少年院から出てきたばかりの不良で、その行動は直情的で暴力的なのですが、その一方で素直さや純真さもたっぷりと見せていくので憎めません。粗野な性格であるのに(だからでこそ)、この主人公が大好きになってしまうというのは、菅田将暉が元々持っているイメージ、人間としての魅力によるところも大きいのでしょう。

さらに、今回はR15+指定にふさわしく……いや、そのレーティングでもギリギリなんじゃないかと思える、菅田将暉による過激な濡れ場が満載! その若々しい肌、シャツから覗かせた細マッチョな肉体があらわになっていく過程、“攻め”の姿勢の愛撫、そしてシャワー室でうっすらと見える綺麗なお尻など、男から見てもドキドキしてしまう、菅田将暉の圧倒的な性的魅力を全開に出してくれるので、頭がクラクラしっぱなしでした。

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

ちなみに、菅田将暉のセックスの相手となった木下あかりは、「初めまして」と挨拶をしてから、わずか3分後に濡れ場の撮影に挑んだのだそうです。劇中でもこの2人は“行きずり”のような過程で抱き合うので、この“いきなり”の濡れ場の撮影は、むしろプラスに働いていたと言っていいでしょう。

※筆者は以下でも菅田将暉の魅力について書いています。合わせてお読みください。
菅田将暉 4つの魅力!『ディストラクション・ベイビーズ』の“極端”なキャラクターも見逃すな!

2:もう1人の主人公は菅田将暉と正反対!その関係性にも萌えろ!

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

もう1人の主人公を演じたヤン・イクチュンは、韓国出身の俳優です。監督・製作・脚本・編集・主演と1人5役を務めた『息もできない』でキネマ旬報ベスト・テン外国映画ベスト・テン第1位のほか数多くの賞を受賞し、『夢売るふたり』や『中学生円山』などの日本映画にも出演、国内外から高い注目を集めているお方なのです。

『あゝ、荒野』においては、ヤン・イクチュンは菅田将暉とまったくの正反対の役柄を演じています。彼は吃音に悩み、赤面対人恐怖症で、父に暴力で支配され続けているという内向的なキャラクターで、だからでこそ“あっけらかん”としている菅田将暉と打ち解けていくのです。

幸せとは言えない人生を送ってきた彼らが、“年齢や個性がまったく違うからこその相性の良さ”を見せていくのは、何とも和みます。言い換えれば、粗野な美青年と、不器用なおじさんという関係性に、超・萌えるのです。男同士の“ブロマンス”要素を期待する人にとっても、本作は必見と言えるでしょう。

3:大迫力のボクシングシーンを見逃すな!役者とスタッフの魂を削るような熱量を感じろ!

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

本作の物語は、正反対の2人の男がボクシングに出会い、お互いに“違う道”を進みつつも、時には衝突し、または高めあっていくというもの。名作マンガ「あしたのジョー」や、北野武監督の映画『キッズ・リターン』を思い出す方も多いでしょう。

そのボクシングシーンの迫力、命をぶつけ合うかのような惨烈さは、特筆に値します。まったくの素人であった2人が、徐々にボクサーとして“出来上がって行く”過程がとてもリアルであり、そのパンチやフットワークは「本物のプロボクサーにしか見えない!」と思えるほどなのですから!

菅田将暉の役作りも、並大抵のものではありません。もともと細身だった彼は本作のために“増量”を開始、本番の一週間前まで炭水化物を減らしていき、以降は完全にカット。そして試合の前日からすべての飲食を解禁して、撮影当日に体のキレが最高の状態になるように調整をしていったのだとか……いや、それもう、俳優というより本物のアスリートのやり方じゃないか!

対するヤン・イクチュンは、菅田将暉とは逆に“減量”を開始。ジムのロケセットの中で、真夏にサウナスーツを着込んで、電気ストーブの前に座って、増量をしている菅田将暉の体重に合わせていったのだとか……いや、それもう、まさに「あしたのジョー」の力石徹じゃないか!

前述した菅田将暉と木下あかりの濡れ場もそうですが、本作『あゝ、荒野』は撮影時の環境が、作中の物語やキャラクターに絶妙にシンクロしているのです。彼らの演技が、もはや演技でなく、ドキュメンタリーのように、実在している人間のように“本物”に見えるのは、役者のこれ以上のない努力の賜物でしょう。

さらに、菅田将暉は本作『あゝ、荒野』について、以下のように語っています。

「こんなに男の涙が見れる映画は無いと思います。魂を削り、魂を吸い取られ、魂を与え、魂を受け取った作品です」

まさに、本作は役者たちの、魂の慟哭が聞こえてくるような本気、下手すれば彼らの寿命が縮んでいるじゃないかと思うほどの「何かを犠牲してまで最高の映画を作りたい」という、志が伝わってきます。

その役者たちの熱量を、カット割りを多用しない“長回し”で、余すことなく取り続けたスタッフたちの尽力も推して知るべきでしょう。拳闘のどの場面でも目が釘付けになり、まばたきをするのも惜しいほどの感動がある……。近年の『クリード チャンプを継ぐ男』や『ウォーリアー』に続き、またしても傑作と呼べる格闘技の映画が日本から生まれたことが、嬉しくて仕方がありませんでした。

※実は近未来の設定だったって本当? 次のページで解説します!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事