『あゝ、荒野』 菅田将暉の濡れ場に興奮し、魂を削り取るような拳闘に圧倒されろ!

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

映画『あゝ、荒野』の前篇が10月7日、後篇が10月21日に、2部作連続で公開されます。

本作は上映時間が合計で305分になるという大作。しかしその時間をあっという間に感じられる面白さに満ち満ちており、スタッフと役者たちのとてつもない熱量に溢れた傑作でした!ネタバレのない範囲で、その魅力を以下に紹介します!

1:R15+指定ギリギリの過激さ!菅田将暉のお尻と肉体美に惚れろ!

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

本作の大きな目玉と言えば、実力も人気も日本で最高峰の俳優・菅田将暉の主演作であること。間違いなく言えることは、彼のファンであれば、絶対に、絶対に、映画館で観なければならない!ということです。

菅田将暉の魅力がどこにあるのか? ということには様々な意見があるとは思いますが、個人的にはとてつもない美青年であることと、良い意味で“狂犬”のような粗暴さがあることは外せません。

本作での役は、そんな菅田将暉が超フルスロットル! 少年院から出てきたばかりの不良で、その行動は直情的で暴力的なのですが、その一方で素直さや純真さもたっぷりと見せていくので憎めません。粗野な性格であるのに(だからでこそ)、この主人公が大好きになってしまうというのは、菅田将暉が元々持っているイメージ、人間としての魅力によるところも大きいのでしょう。

さらに、今回はR15+指定にふさわしく……いや、そのレーティングでもギリギリなんじゃないかと思える、菅田将暉による過激な濡れ場が満載! その若々しい肌、シャツから覗かせた細マッチョな肉体があらわになっていく過程、“攻め”の姿勢の愛撫、そしてシャワー室でうっすらと見える綺麗なお尻など、男から見てもドキドキしてしまう、菅田将暉の圧倒的な性的魅力を全開に出してくれるので、頭がクラクラしっぱなしでした。

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

ちなみに、菅田将暉のセックスの相手となった木下あかりは、「初めまして」と挨拶をしてから、わずか3分後に濡れ場の撮影に挑んだのだそうです。劇中でもこの2人は“行きずり”のような過程で抱き合うので、この“いきなり”の濡れ場の撮影は、むしろプラスに働いていたと言っていいでしょう。

※筆者は以下でも菅田将暉の魅力について書いています。合わせてお読みください。
菅田将暉 4つの魅力!『ディストラクション・ベイビーズ』の“極端”なキャラクターも見逃すな!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com