『あゝ、荒野』に涙。この“事件”を体験してほしい

■橋本淳の「おこがまシネマ」

どうも、橋本淳です。

1回目を書いたばかりの気がしますが、早くも2回目。有難いことでございます。

今回も烏滸がましくも紹介させていただきます。(敬称略でまいります)

『あゝ、荒野』前編&後編

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

2017年に公開された邦画の中で、高い注目を集めた作品ですね。早速、国内の各映画賞を荒らしている印象です(評価良しの嵐)。

僕も公開前から、菅田将暉×ヤンイクチュンという組み合わせで、携帯の映画アプリに“観るよ”マークをすぐにポチりとチェックしておきました。

原作は1966年に刊行された寺山修司の長編小説。映画版の時代設定は近未来と変更しています。

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

新宿新次とバリカン健二の熱量に、圧倒されます。“役”ではなく、その人物を感じました。片目には、ユースケ・サンタマリア。他に思いつかないくらいのぴったしなこの配役、二人を包み込む奥深さ優しさが滲み出ている。

どの配役を観ても、違和感なく作品の世界に引っ張ってくれる。それぞれチープな登場人物ではなく、奥行きのある人間らしい人ばかりで、全員観ていこうとすると、とても疲れますね(自分そういうところばかり、観てしまう。余所見グセがあります)。

前編後編で5時間超えという、大作。

まだ未見の方は(え、まさか!? まだ未見の方がいるんですか?)、

『え、、そんな長いの、、ちょっと敬遠するわ、、』

なんて言わずにまず観てください、すぐにその世界観とエネルギーにカウンターパンチを喰らいます。

前編のボディブロウは、後編で一気に足に効いてきます、そして重いストレートからアッパーカットが飛んできます。お時間に余裕のある方は、ぶっ通しでみることをオススメします。

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

人間は、それぞれ、孤独。

それぞれの人生の中で、葛藤し、なんとか今の場所から脱却したい変化したい、させたいと、我武者羅にもがく姿に、気づかされ身につまされました。これは映画なんだよなと、観ながら考える。

「よかった現実じゃなくて」と思う自分と、「現実じゃなくていいのかな」と思う自分、矛盾する双方の自分が、ぐるぐると頭の中を駆け巡ってました。今でもぐるぐると。

自分はなかなか泣く方ではないのですが、(動物系映画ではよく泣きます。『オクジャ/okja』では、もう号泣しました。あああ。)ラストの一連のシーンは、泣きました。なんで泣けたのか、言語化出来ない涙。

没入したのか、自分を投影したのか、分からない。

あの会場に、自分もいるのではないかと錯覚するほどの迫力がそうさせたのか。観てから時間が経った今でも。その時の自分を理解することは出来ません。理解しようとはしなかった。

“何故”そうなったかではなく、そうなった現実を受け止めたい。理由より事実、ただそれを。

上手く言葉には出来てませんが(言葉を書く場でありますが、書くことは素人なことを盾に)許してください。ただそうなったのです。

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

是非この映画を皆様も、いや、この“事件”を体験ください。

すでに観た方は、またもう一度。

ではでは、今回も、橋本淳が、おこがましくも紹介させていただきました。

(文:橋本淳)

■このライターの記事をもっと読む

関連記事

『あゝ、荒野』 菅田将暉の濡れ場に興奮し、魂を削り取るような拳闘に圧倒されろ!
菅田将暉&ヤン・イクチュンW主演『あゝ、荒野』本予告解禁
「裕二としてリングに立って生きていなきゃ死ぬ!」山田裕貴が死闘を振り返る『あゝ、荒野』舞台挨拶
神木隆之介に「潰してやる!」と橋本淳が宣言!?ドラマ「刑事ゆがみ」先輩後輩対談
爆笑必至!逃げたくなるほどリアルな『At the terrace テラスにて』


    ライタープロフィール

    橋本淳

    橋本淳

    2004年(平成16年)テレビ『WATER BOYS2』で本格的に芸能活動を開始。2005年(平成17年)に『魔法戦隊マジレンジャー』の小津 魁/マジレッド役に抜擢される。 以後、テレビ『連続テレビ小説 ちりとてちん』『大河ドラマ 軍師官兵衛』『PATグランパ!』『悦ちゃん』、『CHASE』、『刑事ゆがみ』など。映画『婿入金魚』、『At the terrace テラスにて』、舞台『黒いハンカチーフ』『書く女』『月・こうこう、風・そうそう』『クレシダ』『キネマと恋人』『君が人生の時』城山羊の会『相談者たち』など多数の作品に出演。 シネマズby松竹では【おこがまシネマ】を第2、4水曜に隔週連載。「烏滸がましくも、まだまだ青臭さの抜けない、橋本淳という役者が、映画を紹介するページです。嗚呼、烏滸がましや烏滸がましや」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com