『愛がなんだ』非リア充必見の恋愛映画である「5つ」の理由!

©2019映画「愛がなんだ」製作委員会

現在、映画『愛がなんだ』が公開中です。初めに結論を申し上げれば、本作は「恋愛について“非リア充”であることを自覚している人に絶対に観て欲しい」作品でした! キラキラした中高生向け胸キュン映画のような「好きな人と付き合えて幸せ〜!」な感じには1ミリたりともならない、登場人物それぞれが抱えたリアルすぎるダメさに「わかる〜!」と共感しっぱなし、時には切なさいっぱいのシーンに泣きながら(その滑稽さにも)笑ってしまうという、新たな恋愛映画の傑作だったのです。その魅力を以下にお伝えします!

1:ダメダメな人たちのダメダメな恋愛映画だった!

本作のヒロインを客観的にみれば、“ダメな男に依存しすぎているダメな女”です。金曜日に連絡してくることが多い男に合わせて、携帯が鳴るまで会社で時間を潰しており、心ここにあらずの彼女の勤務態度はボロボロ。いざ電話をしてきた男が「熱が出た」と言うともちろん家に飛んで行き、甲斐甲斐しく手料理を作ってお風呂場も掃除してあげるのですが……深夜にも関わらず男に「そろそろ帰ってくれるかな」と言われてしまうのです。しかも、友達に「悪いこと言わないからそんな“俺様男”やめときな」と助言されても、全く聞き耳を持ちません。

他のキャラクターも、そのヒロインとはまた別の面でダメダメなところを見せていきます。男はちゃんと仕事をしているようで「俺33歳になったら仕事を辞めて野球選手になるんだ〜」などと言って(冗談?)いますし、そもそも前述した通り好きでいてくれるヒロインにあまりに冷たかったり、または恋心そのものを理解しようとしません。

さらには、ヒロインの友達も“都合のいい年下の男”を家に気ままに呼び寄せているという不誠実さがありますし、その年下の男も主体性のない“流されっぱなし”な性格のようだし、中盤から登場する強烈なキャラの女性はもう……(実際に観て欲しいので具体的な言動は伏せておきます)みんながリアルなダメさを見せてくれるので胸がズキズキと痛んでくるほどでした(もちろん良い意味で)。

特筆すべきは、彼女ら全員がほぼほぼ“まだ付き合っていない”、“恋人同士ともはっきりとは呼べない”という状況であることでしょう。キスをしたり、それぞれの家に上がり込んでいたりもしているのに、なぜか“付き合う”という当たり前の段階を踏んでいなかったり、はぐらかしたりしているのです。その理由と経緯、そして“それ以上”に踏み込めない彼らの姿は……ああ!もう!観ているだけでしんどい(もちろん良い意味で)!

また、ここまで彼女らがダメだダメだと書きましたが、だからこそ人間的な魅力を持っており、「この世のどこかに本当にいるかもしれない」と思わせるほどの実在感もある、ということもお伝えしておきます。それぞれが恋愛における別種の“イタい”ところを持っていて、それは決して特殊ではなく、誰もが経験してもおかしくないことでした。そのため、観客それぞれが“自分に似ている”キャラクターに自己を投影し、感情移入ができることでしょう。

©2019映画「愛がなんだ」製作委員会

2:ご飯を食べているシーンが全て面白かった!

本作のもう1つの大きな特徴は、ご飯を食べながら会話をしているシーンがとても多いということ。全体の3割は何か食べているんじゃないかと思うほどで、しかもその食事シーン全てが観ているだけで面白く、時には一触触発のハラハラするサスペンス(?)が展開したりもするのです。

なぜご飯を食べながら会話をしているだけで面白いかと言えば、その“食べるもの”や“食べ方”にキャラそれぞれの人となりや感情が示されているからでしょう。特に中盤の“湯葉”を食べるシーンの(原作からさらに誇張されている)セリフには大笑いしてしまうほどの滑稽さがありましたし、「それはフランクな食事の場であっても言い過ぎだ!」な言動も良い意味で不安にさせてくれますし、終盤のある食事シーンは序盤の出来事と“対”になっていたりもするのです。食事シーンをただ映しているというだけでなく、物語上で重要になるように綿密な計算がされていると言っていいでしょう。

また、食べるという行為は言うまでもなく人間が生きるための日常的な行いです。その“当たり前の日常”である食事シーンを面白く見せている、それにより彼らの日常および実在感をリアルに思わせてくれるということにも、感動を覚えるのです。

©2019映画「愛がなんだ」製作委員会

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com