人を思うこと、それを感じて欲しい―映画『秋の理由』趣里、単独インタビュー

秋の理由 趣里 インタビュー ミク ヒロイン

現在全国公開中の、伊藤洋三郎&佐野和宏W主演、福間健二監督の映画『秋の理由』。本作でヒロイン・ミクを演じた女優の趣里に単独インタビューを行なった。

映画『秋の理由』趣里、単独インタビュー

秋の理由 伊藤洋三郎 佐野和宏
映画『秋の理由』より (C)「秋の理由」製作委員会

映画『秋の理由』は、詩人としても活躍する福間健二監督の最新作で、60代を迎えた2人の男の友情を中心に、彼らを取り囲む人々とともに生きることへの「肯定」を描く。

編集者・宮本守役を伊藤洋三郎が、苦悩する作家・村岡正夫役を、ピンク四天王の1人としても知られる佐野和宏が演じるほか、村岡の妻・美咲役を寺島しのぶが演じる。

秋の理由 趣里 インタビュー ミク

本作で、重要な役どころであるミクを演じたのが女優・趣里だ。伊藤洋三郎が演じる宮本を翻弄し、時に幻想的なシーンで強烈な存在感を放つ彼女は、本作をラブストーリーだと語る

――趣里さんにとって、本作はラブストーリーだと。

明確な説明が出てきたり、何かものすごい事件が起きたりとかではありません。だけどみんながものすごく追い詰められていて、それぞれの色んな思いが交差している。一見静かなようだけど、ふつふつと心の中で動く愛があるなと。

――ミクが宮本に「私とやりたい?」と言い放つシーンは印象的でした。ご自身も、ああいった大胆なタイプですか?

私は無理です(笑)あんな風には言えないタイプですね。今回の作品で、改めて思ったのが、お芝居って自分が言えないことを言えるからすごいなと。

――あのシーンって、通常はエロティックに走りそうなところですよね。

そうですよね。だけど、ミクは“やらしさ”を前にだしたキャラクターじゃないからこそ、ああいった演技になったんだと思います。

――お相手の宮本を演じた伊藤さんの印象は?

あのまんま、優しくて紳士的で、素敵な方です。あと、とにかく見た目が若い! ずっと「若いですよね」ってご本人に言ってたくらいですよ。肌がつやつやしてるなーと(笑)だからこそ、自然にあのシーンも演じることができました。

――お父さまと同じくらいの年頃ですよね。その年頃の方って恋愛対象になるのでしょうか?

人によりますね(笑)ただ、年齢は関係ないと思いますよ。私は、ユーモアがある人が好きなので、お話が面白いのは重要なポイントかな……。そういった意味で、人生経験の豊富な方は魅力的ですよね。

――村岡を演じた佐野さんは、いかがでしたか?

とにかく筆談(※)でいっぱいコミュニケーションをとってくれました。それと、とにかく目力がすごい。佐野さんの演技で、言葉ってあるようでないものなんだなって思わされました。

※…佐野和宏は喉咽頭癌の手術により声帯を除去。本作では声がでない役を演じている。

――言葉を発さずに役を演じきるって、役者の真骨頂ですよね。気迫に押されてしまったみたいなのはありましたか?

佇まいだけで語りかけてくるんです。力強さと生命力を感じましたね。

――佐野さんとの共演シーンでは、幻想的な世界になって、ミクの雰囲気が突然変わりますよね。

特別演じ分けるといった意識はしなかったんです。小説の中にいきる存在としてのミクを、あまりはっきりと決めてしまうとよくないなと。小説って、読んで、聞いて、どう感じるかっていうのが重要で、受け手側が決めるものですよね。こっちが押し付けるのでなく、受け取った人がどう感じるかというのを念頭において、とにかくシンプルに演じるようにしました。

秋の理由 趣里 インタビュー

――ミクの存在は、この世のものなのかどうかも分からない感じでしたね。

そもそもミクは実在しているのか?と監督とも話しましたね。登場人物たちが、それぞれ見ている幻想のような存在で、まるで空から降りてきた天使のようなものなのかなと。

――監督とは初めてでしたよね?ご一緒してみてどうでしたか?

穏やかですごく素敵な方でした。みなさん、本当に素敵な方ばかりで、こういう方たちと作品が作れて良かったなと思いました。

秋の理由
映画『秋の理由』より (C)「秋の理由」製作委員会

――もう1人重要な役といえば、寺島しのぶさんが演じた村岡の妻・美咲。共演シーンはありませんでしたよね。

そうなんですよ、それが残念で。だけどそのあと、舞台で共演させていただく機会があって、とにかくしのぶさんはカッコいいんです。すごく憧れています。

――女性としての色気もすごい。

感じますよね。今回の手だけで演じるシーンも印象的で……。しのぶさんが出てくると、とにかく説得力がすごいんです。お芝居や映画って虚構の世界じゃないですか?でもそれが、しのぶさんが出てくることで、一気に現実的になるというか、香りを感じるんですよね。

――女優・趣里として今後は?

映像なのか舞台なのかはこだわってないのですが、とにかくイメージを変えるような役をやりたいです。

――割りとお嬢様っぽいイメージがありますよね。

本当は全然そんな感じじゃないんです(笑)だから、むしろ真逆もやってみたいですね。あとは、キレてぶっ飛んだ役とかもやりたいですね。そういうマイナス部分って、必ず誰しもが持っている部分じゃないですか。もっと人の内側の部分を表現していきたいなと思っています。

――そういった意味では、今回の作品も人間の内面に迫っていますよね。

内側にあるものは、何考えているんだろうなっていう感じですね。そういった意味で、この役に巡り会えたことに感謝しています。

――この作品で、特に何を感じてほしいですか?

監督が紡いだ言葉ですね。1つでいいので、何かひっかかってもらえたらいいなと。家族や恋人や兄弟とか、人を思うこと、それを感じてくれたら嬉しいです。

秋の理由 趣里 インタビュー ミク ヒロイン 女優 しゅり

ヘアメイク&スタイリスト:山崎惠子
ワンピース¥21,000(税抜) トゥービー バイ アニエスベー/ネックレス ¥5,000(税抜) イヤリング ¥3,200(税抜) ラフィア

(取材・文/黒宮丈治)

関連記事

福間健二監督、佐藤泰志への想いが詰まっている―『秋の理由』初日舞台挨拶
60代を迎えた2人の男、そして2人の女…映画『秋の理由』予告映像
【独占入手】“ピンク四天王”の総出演が判明!映画『秋の理由』
人の人生に寄り添うものでありたい―是枝裕和監督シネマズ独占インタビュー
いきなり彼になりきったボクが沖縄に恋するロケ地を巡った記事広告

    ライタープロフィール

    黒宮丈治

    黒宮丈治

    大手家電メーカー営業マン、デザイナー、映像ディレクター、鳶職、探偵、水商売、ライブハウスの店長など30種以上の職種を渡り歩き現在はフリーライターとして活動。好きな映画は恋愛映画。幼き頃に食べた映画館でのアイスモナカが今も忘れられずにいる。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 北川菜々子
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • アスカ
    • 南川聡史

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo