性描写は2人の関係を嘘なく表すためには必要『チェリーボーイズ』池田エライザインタビュー

シネマズby松竹では、2月17日(土)公開の映画『チェリーボーイズ』のヒロイン・釈笛子役の池田エライザさんにインタビュー。

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

今作は、東京に出てバンド活動をしているという国森信一(林遣都)が父の病気をきっかけに地元へ帰り、幼馴染の吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)と再会したことから、ある計画をたて、脱童貞を目論むという物語。

童貞たちのターゲットとなる笛子は、周りの男子たちから軽い女だと思われているけれど、実は…という役どころ。“フェラファイト”なる過激なバトル(?)にも参加する笛子を演じた池田さんに、撮影の裏側や笛子を演じるうえでの想い、ご自身についてのお話などを伺いました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──まず、脚本を読んだときの印象を伺いたいです。

池田エライザ(以下、池田):率直にお話が面白かったのと、笛子として、私がやれそうなことがたくさん見つかったので、引き受けたいと思いました。青年誌が好きだったし、松居大悟さんの作品もよく見ていたということもあります。

過激なシーンもありますが、難しいことは大人に任せて、私は笛子が魅力的になるように台本をより深いところまで読み込んで、解釈できるように、という思いで、衣装合わせから現場まで、作り上げていきたいなって思いました。でも、全ては母性です。かわいいなって、愛おしいなって思える3人だったので。

──笛子としてやれそうなこと、というのは具体的には?

池田:台本上のト書きやセリフから読み取れるのは男性目線の笛子の姿で、彼女のバックグラウンドを描いたシーンはないんです。だから、笛子が抱えているもの、暖かい部分やどこか抜けているかわいらしさとか、何を大切にしていて、何に執着を持っていないか、というところを、与えられたセリフの中でどれだけ表現できるかという。それは、すごくやりがいがありました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

笛子は精神面は男っぽくもあるんですけど、絶対に下品な子にはしたくなくて。あくまでヒロインに見えるように、衣装合わせで見た目をたくましく作ったら、あとは乙女な部分や、夢のためにお金をためている頑張っている女の子として演じました。

──では、笛子を演じるうえで特に大切にしたことを教えてください。

池田:笛子の素敵な部分っていうのを全面に出すというよりは、笛子が当たり前に素敵な人にしようと思っていました。例えば、どうみても状態がおかしい国森に対しても、すごくフラットな態度で接するところ。そういう、偏見を持たない彼女の魅力的な部分をしっかり演じたいと思ったんです。

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

それに、品がなく映ってしまって、「この人ネジが飛んでる?」って思われたら、国森が素敵だ!って憧れるような、魅力的な子ではなくなってしまいます。なので、誰が見ても、「これは、いい子に見えるよね」って思えるように思考錯誤したというか…。笛子がちゃんとヒロインに見えるように、というのが大切にした部分ですね。

──確かに、芯がある笛子の存在があってこそ、3人の暴走が成立しますよね。では、西海謙一郎監督から演出やリクエストはありましたか?

池田:どちらかというと、監督に対してどんどん提案をしていって、それを一緒になって考えてくださる感じでした。「きっと笛子はこう思っているから、これはしないんじゃないかな」とか、「こういう演じ方をすると、役がぶれちゃうんじゃないかな」っていうところは随時相談させていただいて。

笛子のたくましさも、恥じらいを隠すためというか、恥じらいがあるからこそ指を鳴らしたり、自分を強く見せちゃうところもきっとあるんだろうなって。態度の裏側まで考えるようにして、監督に提案しました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

監督は終始楽しそうに撮っていらっしゃった印象ですね。でも、「カット! ありがとうございます!」って言われたときには、「この、“ありがとうございます”とは…?」と思ったことがありました(笑)。あんなに反射的に言われたことはなかったので。

お話をいただいたとき、監督が事務所に来てくださったんですけど、その時からもう、チェリーボーイズの一員のように「お願いします!」という感じだったことを覚えています。身を投じて、ご自身も自分の残り香みたいなものを探りながら、掴みながらやっているんだなっていうのを感じました。

──ちなみに、チェリーボーイズの3人で、誰がタイプっていうのは難しいと思うんですが…

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

池田:でた! その質問! 答えられなかったんですよ…。

──タイプとは別に、付き合ってみたら面白そう、と思うのは…

池田:前野さんが演じている、高杉ですかね。かわいいと思います。養うから、家に帰ったら笑顔で「おかえり!」って迎えて欲しい。多分、童貞3人組からもいちばんに離脱できるタイプだと思います。

──いちばんに結婚して、子沢山なパパになっていそうですよね。

池田:前野さん自身もパパなんですよね。ご本人の魅力を含めた、素敵な役だなって思います。

──じゃあ、タイプはいないけど選ぶなら高杉、という感じ。

池田:…でも、嫌ですけどね。だって、付き合ったとしても、他のメンバーに呼ばれたら、絶対そっちを優先するじゃないですか。「今日あの2人と約束あるからごめん!」って言われたら、「どうぞ、そっちに行ってください(怒)」って(笑)。劇中の事件を経て、絆が深まっちゃってるからね。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com