監督の発言にチェブラーシカがしょんぼり!? 『ちえりとチェリー/チェブラーシカ』舞台挨拶

DSC08120_750

10月24日(土)、第28回東京国際映画祭パノラマ部門に選出されたパペットアニメーション『ちえりとチェリー/チェブラーシカ 動物園に行く』の舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿にて開催され、ちえり役の高森奈津美さん、中村誠監督、チェブラーシカが登場しました。

縺。縺医j繝。繧、繝ウ
「ちえりとチェリー」は幼い頃に父親を亡くした小学6年の女の子・ちえりが、父の葬儀の時に蔵で見つけて以来友達になったぬいぐるみのチェリーと、父親の法事のため久しぶりに祖母の家を訪れたことをきっかけに空想と現実の狭間で冒険する物語。

「チェブラーシカ」は、風邪をひいてしまった友達のワニ・ゲーナの代わりに、動物園でワニとして働くことにしたチェブラーシカを描いたオリジナルストーリーの短編作品となっています。

中村監督は、高森さんの持つチェリーのぬいぐるみが、この日のために作られた1点ものだと紹介しつつ、「星野源さんじゃなくてすみません」とチェリーの声を担当した星野さんの名前を出して、客席の笑いを誘っていました。

東京国際映画祭のイベントのひとつ「新宿芸術天国」のレッドカーペットを歩いた感想を尋ねられると、「人生の中でまさかレッドカーペットをこの足で踏める日が来ると思っていなかったです。しかも普段頻繁に来る新宿にレッドカーペットがひかれているというのがすごいなと思いましたし、ちえり役で立てることをうれしく思いました」と高森さん。

中村監督は、2010年に作ったチェブラーシカが東京国際映画祭に呼ばれた際にはレッドカーペットを歩けなかったそうで「5年越しに歩くことができたので感慨深かったですね。見慣れてる新宿の街ですが、ちょっと高いところにレッドカーペットがあって、両脇にたくさんの人がいるとなんかすごいなと思いました」と初めて歩いた感想を語っていました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com