ウィンストン・チャーチル、人物としての愛すべき3つのポイント

 (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

3月30日から公開されている『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は、ゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞を、そして彼を完全にチャーチルに変身させたメイクアップアーティスト辻一弘さんもメイクアップ&ヘアスタイル賞を受賞したことでも話題になっています。二つの才能が作り出したリアルさは、チャーチル本人のドキュメンタリーなのではないかと錯覚してしまうほどです。

邦題は『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』とえらく長めです。原題は『Darkest Hour』=「もっとも暗い時間」という意味ですが、世界第二次大戦初期のイギリスがもっとも窮地に陥った時期を描いた映画なので、納得のタイトルですね。海外ではチャーチルの容姿や功績は有名なので、ポスターに彼をドンと載せるだけでタイトルに名前を入れなくてもちゃんとわかるんですね。

「政界一の嫌われ者」と揶揄されるチャーチルですが、イギリス国民にはとても愛されています。聞く者に勇気を与える表現力の豊かさと悪に屈しない態度で、苦境にあったイギリスを勝利へと導いたチャーチルは、国民的ヒーロー。この映画を見終わった後には、イギリス国民と同じようにすっかりチャーチルのことを好きになってしまっているはずです。

本作では政治家としてだけでなく、1人の人間としての彼の不器用さ、でもまっすぐでチャーミングなところにスポットが当てられているので、素顔のチャーチルを知ることができます。本コラムでは、戦争や政治のことは放ったらかしにして、チャーチルの愛すべきポイントを語りたいと思います。

チャーチルの愛すべきポイント其の1:「赤ちゃんのような顔」

 (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

いきなり容姿から入ってしまいますが、チャーチル、カワイイ!まるで漫画のようにポーンと膨らんだお腹。その体に乗っかるベイビーフェイス。「赤ん坊はみんな私のような顔をしている」と話すシーンもあることから、チャーチルの赤ちゃん顔は有名なことのようです。しかしこんな愛嬌のある姿とは対象的に、気が短く、超絶口が悪いのです。すぐ怒鳴り散らします。とは言え、1人でしゅんとしているシーンや、涙もろくて泣いちゃう姿などもあり、そんなツンデレな態度とまん丸な容姿に妙に胸キュンです。

チャーチルの愛すべきポイント其の2:「奥さん大好き」

 (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

チャーチルは愛妻家で知られています。パーティーで後の妻となる11歳年下のクレメンタインに出会いした。ほぼ一目惚れですぐに交際スタートからのスピード婚。会議では、短気で口角泡を飛ばして怒鳴りまくりのチャーチルですが、奥さんの前ではまるでかわいい仔犬。

奥さんだけがチャーチルに物申せる存在であり、チャーチルにとっても奥さんは公私ともに信頼できる存在。奥さんがチャーチルにかける言葉は、優しくお尻を叩くものであったり、サポートや癒しであったりします。奥さんの言葉で、さすが大物を支える妻!と思わされるものがあったので紹介します。

窮地に陥っているイギリスの危機への重圧がすべて自分の肩にのしかかり、スピーチを構成するにも国民にどう伝えていいか、言葉が浮かばないチャーチルに奥さんがかけた言葉がこれです。

“You are strong because you are imperfect. You are wise because you have doubts. From this uncertainty the wisest words will come.”
「あなたは完璧じゃないから強いの。疑問を持つから賢いの。その不確かさこそが、最も賢明な言葉が生むのよ。」

弱さは強みって自信を持たせる言葉を、こんなにしっかり伝えられる妻。この妻あってのチャーチルです。

チャーチルの愛すべきポイント其の3:「心が宿った言葉」

 (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

チャーチルは政治家でありながら、ノーベル文学賞を受賞しています。書き間違えではなりません、文学賞です。というのも、彼はもともとジャーナリストであり、従軍記者だったのです。子供の頃から勉強は苦手だったようですが、とにかく文才はあったとのこと。ただ面白いのは、チャーチルは口実筆記というスタイルをとっています。本作中でも最初から最後までチャーチルのスピーチ原稿はタイピストがせっせと打っています。まるでSiriに話して書かせているような感じです。

チャーチルの言葉は熱心であり真摯であり、人の心を動かすものでした。本作中でも見事な演説をたくさんしますが、聞いているだけでウルウルしてしまいます。ラストの演説シーンは震えます。ここで、この作品中でチャーチルが言った名言を少しだけご紹介したいと思います。

“Those who never change their mind never change anything.”
「自分の考えを変えられない人間は何も変えることなどできない。」
“Success is not final, failure is not fatal. It is the courage to continue that counts.”
「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ」

この人、さらりとスピーチで心を打つことを言ってしまうんですからね、偉大なリーダーです。彼の言葉を聞く人が前向きな心を持ち、勇気が湧いてくるのもわかります。

 (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

強いのに弱くて、ぶっきらぼうなのにスピーチは天才的。そんなチャーチルの魅力、ちょっとでも伝わりましたでしょうか?本コラムでは、チャーチルのかわいさだけを書きましたが、歴史的英断をした国民的ヒーローである政治家のチャーチルについても、本作を観て知っていただけたらと思います。

(文:岩田 リョウコ)

関連記事

『ウィンストン・チャーチル』をより楽しむための映画やドラマたち
辻一弘、笑顔で凱旋!オスカー像と共に記者会見!
『ウィンストン・チャーチル』、ゲイリー・オールドマン&辻一弘が受賞喜びのスピーチ!


    ライタープロフィール

    岩田 リョウコ

    岩田 リョウコ

    アメリカ在住13年のライター・イラストレーター。元外務省専門調査員。コーヒーのトリビアをイラストで紹介するサイト「I Love Coffee」運営。著書に『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』などがある。 コーヒーと映画とサウナの時間が至福のリラックスタイム。映画は鑑賞後に何日も考えてしまうタイプが好み。 サウナ好きが高じてサウナ・スパ健康アドバイザー資格も取得。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com