『17歳のウィーン』レビュー:激動の時代でもフロイトに恋愛相談してみたい!

今振り返ると、思春期に出会った人たちのことはよく覚えています。

ものすごく影響を及ぼした人のことも、どうでもいいような人のことも。

10代とはやはり、これからの長い人生を歩んでいくためのノウハウを収集し、自分の脳と体にしみこませていく時期なのかもしれません。

それは平和な時代でも、戦禍など混乱に見舞われた時代でも全く変わらないようです……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街487》

7月24日から公開される『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』は、戦前のオーストリアを舞台に、何と心理学でおなじみフロイト博士と知り合いになった青年を主人公に据え、激動の時代の中の思春期の心の揺れを描いた青春映画の秀作です。

上京してきた青年の恋と
ファシズム浸透の危機

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』は、ローベルト・ゼーターラーのベストセラー小説「キオスク」を原作に、オーストリア出身のニコラウス・ライトナー監督が手掛けたものです。

舞台は、1937年のオーストリア、ウィーン。

隣国ドイツはヒトラー率いるナチス党に支配され、そのファシズムの思想がオーストリアにも浸透し始めていた危うい時期、ひとりの青年がウィーンに上京してきます。

彼の名はフランツ・フーヘル(ジーモン・モルツェ)。

自然豊かなアッター湖のほとりで母親とふたりで暮らしていた彼でしたが、母が昔から知るウィーンの煙草屋(キオスク)の見習いとして働きに出ることになったのでした。

店の主人オットー・トルスニエク(ヨハネス・クリシェ)は厳しくも優しいリベラルな思想の持ち主で、ナチスには反発しており、ナチズムにはまった隣人夫婦から嫌がらせを受けることもしばしばですが、決してひるんだりはしません。

そんな店をさまざまな人々が訪れますが、その中の上客の中に心理学の権威ジークムント・フロイト教授(ブルーノ・ガンツ)もいました。

当時の街の人々からは“頭を治す医者”といった認識の彼とフランツは懇意になっていき、人生を楽しみ、恋をするように勧められます。

まもなくしてフランツはアネシュカ(エマ・ドログノヴァ)と知り合い、初恋のときめきを覚えて動揺するようになっていきます。

一見はすっぱで謎めいたアネシェカに翻弄されまくっていくフランツの思春期は、フロイトのアドバイスも役に立っているのかいないのかもわからないほどに、切なくも甘酸っぱい普遍的なものであったはずでした。

しかし1938年、ついにオーストリアはナチス・ドイツと統合することになり、一気にファシズムの波がウィーンにも押し寄せてきて、街の空気は一変。

リベラルなオットー、ユダヤ人のフロイト、移民のアネシェカ、そしてフランツもその激動の波に巻き込まれていき……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com