『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』レビュー:スターと少年の文通がもたらす一大スキャンダル!

(C)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD. 

現在脚光を浴び続ける若手映画監督の中にグザヴィエ・ドランがいます。

1989年、カナダ・ケベック州モントリオール出身の彼は、子役を経て19歳の時に半自叙伝的な『マイ・マザー』(09)を監督・主演・脚本・プロデュースと4役を務めてデビュー。

その後『わたしはロランス』(12)がトロント国際映画祭カナダ映画賞などを、『Mommy/マミー』(14)がカンヌ国際映画祭審査員賞などを、『たかが世界の終わり』(16)がカンヌ国際映画祭グランプリなど数多くの映画賞を受賞。

そんな若手筆頭株のドラン監督が5年の構想を経て、ハリウッドなどの実力派スターを多数揃えた初の英語作品『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』を発表しました。

タイトルから想像できるように、この作品……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街448》

ジョン・F・ドノヴァンなるスターの死と生について、少年の目を通して言及していく映画です。

ジョン・F・ドノヴァンの死、
その真相を知る少年

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』は、二つの時代を行き来しながら進められていきます。

まずは2006年のニューヨーク。

人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が29歳の若さでこの世を去りました。

自殺か事故か、それとも事件か……真相は謎のまま月日が過ぎていきます。

そして2016年のプラハ。

売り出し中の若手俳優ルパート・ターナー(ベン・シュネッツァー)は『若き俳優への手紙』という書籍の出版を控え、ジャーナリスト(タンディ・ニュートン)の取材を受けます。

本の内容は、少年時代のルパート(ジェイコブ・トレンブレイ)と、当時絶大な人気を誇っていたジョン・F・ドノヴァンとの交流をつづったものでした……。

アメリカからロンドンに引っ越してきた11歳の少年ルパートは、子役をやっていたことから学校ではイジメられがちで、友達もほとんどいません。

救いはシングルマザー、サム(ナタリー・ポートマン)の優しさくらいでしょうか。

そんなルパートが唯一夢中になっているのはTVドラマ『ヘルサム学園』に出演しているジョン・F・ドノヴァンでした。

ジョンがモニターに映るたびに大興奮するルパートはまるで人が変わったようで、そんな息子を母も微笑ましく見守っています。

しかしルパートは、母も知らない大きな秘密がありました。

何と彼はジョンと“秘密の文通”を何年も続けていたのです。

そんなある日、日頃自分をからかうクラスメイトを見返すべく、「ジョン・F・ドノヴァンと自分は友人である」と授業の中で打ち明けてしまいます。

しかし、そのことが取り返しのつかない大変な事態を引き起こしてしまうのでした……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com