『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』のレビュー:天才子役ジェイコブ・トレンブレイの名演にも注目!

■橋本淳の「おこがまシネマ」

どうも、橋本淳です。

54回目の更新、今回もどうぞよろしくお願いします。

ウイルスの影響が色々なところに出ている状況を目の当たりにして、恐ろしさに慄いています。

何より恐いのはウイルスはもちろんですが、そこから派生した人と人との問題のほう。誰しもが、目に見えない相手に戦いに疲れ、いつの間にか目の前の違う意見の相手に行き場のない感情をぶつけて、潰し合う。この光景を見ているのが、自分としては本当に悲しいし、ツライ。

お互いのアイデンティティを尊重し合い、おもんばかる、奥ゆかしい日本人の精神はどこへやら。こういう時こそ、そういった日本人ならではの人間力や精神力を結束したいなと思うのです。

表立っては偏見をやめるべきだと言ってはいても、令和の時代になった今この時にも、未だにそれは無くならない。そんな時代に向けて、この監督はまたメッセージや思いの詰まった作品を出してくれました。

今回はコチラをご紹介。

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』


(C)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD. 

2006年、ニューヨーク。1人の若きスター俳優、ジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が亡くなったというニュースが流れる。それは自殺なのか、事件なのか、それとも事故なのか。その真相は分からない。ニュースが流れるテレビの前で1人の少年が硬直しながら、画面を見つめる。

2016年、プラハ。取材をうけている新進俳優のルパート・ターナー(ベン・シュネッツァー)。彼は「若き俳優への手紙」という本の出版を控えており、その本の内容をジャーナリストにカフェで語っていた。内容は、少年時代のルパートとスター俳優、ジョン・F・ドノヴァンとの交流であった。ルパートはジャーナリストに、自分だけが経験した美しい思い出を振り返る。

アメリカからイギリスに母親サム(ナタリー・ポートマン)と引っ越してきた11歳のルパート(ジェイコブ・トレンブレイ)は、子役をやっていた影響もあり、学校ではイジメられていた。

そんな彼が、唯一夢中になっていたのはTVドラマ『ヘルサム学園』に出演しているスター俳優、ジョン・F・ドノヴァンであった。彼が画面に映るたびにルパートは人が変わったかのように大興奮!そんな姿を、母親のサムも微笑み見つめていた。

ルパートには大きな秘密があった。その大興奮する相手、憧れのジョンと文通を何年も続けているということ。

ある日、学校の授業で、ルパートはいつもイジメてくるクラスメイトたちを見返してやろうと、自分はジョンと長く文通をしている。彼は友達なんだ。と発表する。しかし、クラスメイトはもちろん、先生も全く信じてはくれなかった。証拠の手紙もここにあるとカバンから出そうとするが、直前にいじめっ子たちに奪われてしまう。大切な手紙を取り返すためにルパートは、いじめっ子の家に無断で侵入するが、簡単に見つかってしまい、手紙ともども警察の元へ。

その手紙は、すぐにメディアの学校の餌食となる。スキャンダルは、これからのスター俳優としてさらに登り詰めようとしていたジョンに暗い影を落とすことになる、、、


    ライタープロフィール

    橋本淳

    橋本淳

    2004年(平成16年)テレビ『WATER BOYS2』で本格的に芸能活動を開始。2005年(平成17年)に『魔法戦隊マジレンジャー』の小津 魁/マジレッド役に抜擢される。 以後、テレビ『連続テレビ小説 ちりとてちん』『大河ドラマ 軍師官兵衛』『PATグランパ!』『悦ちゃん』、『CHASE』、『刑事ゆがみ』など。映画『婿入金魚』、『At the terrace テラスにて』、舞台『黒いハンカチーフ』『書く女』『月・こうこう、風・そうそう』『クレシダ』『キネマと恋人』『君が人生の時』城山羊の会『相談者たち』など多数の作品に出演。 シネマズby松竹では【おこがまシネマ】を第2、4火曜に隔週連載。「烏滸がましくも、まだまだ青臭さの抜けない、橋本淳という役者が、映画を紹介するページです。嗚呼、烏滸がましや烏滸がましや」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com