TOHOシネマズが生んだ至高の微妙メニュー「ちょびっとチキン」について

Photo via Visual Hunt 

「映画館で何を食うか問題」については、多くの人が「ポップコーン」または「食わない」といった選択をすると思う。

この背景には、映画館の食い物は価格が総じて高い、ニオイが出るから嫌、腹が減ってない、そもそも食わない派だ、つうか味が微妙など、さまざまな理由が考えられるが、だいたいこんなところではないだろうか。

上記の「味」について、映画館(とくにシネコン)におけるメニューは、ほぼすべてが「別に不味くはないが、なんだか微妙」という絶妙なラインを突いている。コンビニ飯ですら美味い時代に、これほどのクオリティを維持できるのは正直凄い。

しかし、これは「そこまで美味くない=ダメな料理」といった単純な図式では表現できない。何かすっげぇ微妙なんだけど癖になる映画が存在するように、自分にとっては妙にハマる料理というものは確実に存在する。

現在、筆者にとってその筆頭は、TOHOシネマズが販売する「ちょびっとチキン」である。


    ライタープロフィール

    加藤 広大

    加藤 広大

    フリーでグラフィックデザイナーを営む傍ら、音楽や映画のコラムを書いたりもしています。金は稼いでいませんが、文字数を稼ぐのは得意です。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com