フランス映画祭オープニング作品『エール!』出演者によるトークショーレポート

難しい…しかし、やり甲斐のあるテーマ

トークショーに登壇したのは、『エール!』でメガホンを取ったエリック・ラルティゴ監督と、主演女優のルアンヌ・エメラさん。
まずはじめに、司会者からこのような質問が投げかけられました。

質問:手話が中心に成り立つ家族の物語を、どのように思いついたのですか?

質問に対し、エリック監督は優しい笑みを浮かべながら、次のように語りました。

001

エリック監督「この話には、そもそもヴィクトリア・ドゥヴォスのシナリオがありました。彼女はフランスでは有名なコメディエンヌです。彼女の父親のアシスタントが、今回上映された『エール!』の主人公・ポーラ同様、家族で1人だけ健常者だったそうです。その話をヴィクトリアがシナリオにし、それを僕が10ヶ月かけて脚色しました。そして『エール!』という映画が誕生しました。」

質問:そのような背景のシナリオを読んで、難しそうだから止めておこうとは思いませんでしたか? それとも、チャレンジし甲斐のある内容だと思ったのでしょうか?

エリック「もちろん難しいと思いました。現実的に映画化するとなると、さまざまな問題があります。例えば手話であったり、手話をしながら歌を歌ったりすることです。しかも撮影当時のルアンヌは、まだ若い思春期の子供で、集中力もありませんでした。でも私は、映画を撮ることでドッキリするのが好きなんです。今回も例外にもれず、ルアンヌからドキドキさせられたので良かったです。」

002

歌手&女優のシンデレラガール・ルアンヌ・エメラ

質問:ルアンヌさんが、この映画に出演したきっかけは?

ルアンヌ「フランスでThe Voiceという音楽オーディション番組があるのですが、私はその番組に出場していました。…で、それを見たエリック監督が採用してくれたんです。最初にスクリーンテストを受けに行ったのですが、それが本当に最低で…。なぜ私が採用され、今ここに座っているのか分かりません。それくらい奇跡的な出来でした。」

質問:彼女を気に入って呼んでみたものの、スクリーンテストでNGを出したのですか?

エリック「確かにスクリーンテストの結果は全て悪く、今思うと『なぜ彼女を採用したのだろう?』と不思議でなりません。しかし1つの錬金術というか、化学反応が起こったのでしょうか。無意識に『彼女しかいない』と思ったんです。

彼女は瑞々しさ、自然さ、自発さを併せ持つ、類まれなる歌手です。演技では、テスト中で3秒ぐらい素晴らしい瞬間があったのですが、一本の映画を作る際には、その素晴らしい瞬間を1時間半続けなければなりません。きっと私は、それに成功したのかもしれませんね(笑)。」


    ライタープロフィール

    大場ミミコ

    大場ミミコ

    小学生の息子を持つ主婦ライター。美大卒業後、ストーリー漫画家を目指してシナリオ学校の門を叩く。その後10年ほど、映画・ドラマ・コミック原作などのプロットやコンペ原稿などの下積みを経験し、出産を機に引退。現役中は、お金を浮かせるために飯田橋ギンレイ、早稲田松竹などの名画座に通う傍ら、フリーペーパーなどのシネマコラムも執筆する。好きな映画は「真夜中のカーボーイ」「アメリカン・ビューティ」「チョコレート・ドーナツ」など、切ない&救いのない系の作品。一方、「ウェインズワールド」「プロデューサーズ」などのおバカコメディも大好物♡好きな俳優は佐藤健、好きな監督は中島哲也、内田けんじ。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com