『思い、思われ、ふり、ふられ』レビュー:世代を越えて楽しめる青春キラキラ映画の秀作

Ⓒ2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ©咲坂伊緒/集英社

少女漫画などを原作とする十代の恋愛模様を面白おかしく、そして可愛くも切なく描いた青春キラキラ系映画は、今やひとつのジャンルとして日本映画界に定着した感があります。

さすがに一時期は製作本数が多すぎて何が何だかわからなくなるほどでしたが(こんなことを言うと、若い世代の女の子たちから「これだからオジサンは…」などとよく突っ込まれたりもしますけど……)、最近は落ち着いてきたのか、1本1本をじっくり吟味できるようになってきていて、また昨今のコロナ禍にうんざり&ウツウツしている中、こういった愛らしい作品群はひとときの清涼剤的な効果をもたらしてくれているようにも思えてなりません……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街493》

本作『思い、思われ、ふり、ふられ』(何とも響きの良いタイトルですね)もそういった昨今の憂さを払拭させてくれる、美少女&美少年たちがみずみずしく織り成す可愛らしくも珠玉のキラキラ映画なのでした!

4人の高校生が織り成す
さわやかで切ない恋の行方

「思い、思われ、ふり、ふられ』は「ストロボ・エッジ」「アオハライド」に続く〈向坂伊緒 青春三部作〉最終章とも謳われる向坂伊緒の同名コミックを映画化したものです。

監督は映画版『アオハライド』(14)も手掛けた青春映画の俊英・三木孝浩。

『君の膵臓をたべたい』(17)で日本中を感動の嵐に包み込み、大ブレイクを果たした浜辺美波と北村拓海の再共演も話題のひとつです。

登場するキャラクターは4人の高校生。

明るく社交的な朱里(浜辺美波)とクールな理央の姉弟が、内向的な由奈(福本莉子)とさわやか天然な幼馴染・和臣の住むマンションに引っ越してきました。

朱里に声をかけられ、瞬く間に親しくなっていった由奈は、理央をまさに長年追い求めていた理想の王子様として片想いの恋に突入!

(ちなみに由奈と和臣は幼馴染過ぎて、どちらも恋愛感情は皆無な様子)

引っ込み思案な由奈を朱里は応援しますが、でも朱里と理央は同じ学年なのに双子にも見えません。

はてさて、そんなこんなで、ついに由奈は理央に告白する時が来るのですが、実はここからが4人の男女の入り組んで入り組んで入り組みすぎるほどの恋のドラマが展開していくのでありました!


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com